【C言語】小数点第2位で小数部分を切り捨てする方法

この記事では、C言語で小数点第2位で小数部分を切り捨てる方法について解説します。

具体的には、floor関数を使う方法と関数を自作する方法について紹介します。

プログラミング初心者の方でもわかりやすく、サンプルコードを交えて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次から探す

小数点第2位で切り捨てる方法

プログラミングにおいて、小数点以下の桁を切り捨てる方法はさまざまあります。

ここでは、C言語で小数点第2位で小数部分を切り捨てる方法について解説します。

方法1: floor関数を使う

floor関数は、与えられた数値以下の最大の整数を返す関数です。

小数点以下の桁を切り捨てるために使用することができます。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
int main() {
    double num = 3.14159;
    double result = floor(num * 100) / 100; // 小数点第2位で切り捨てる
    printf("切り捨て後の値: %.2f\n", result);
    return 0;
}

上記のコードでは、3.14159という数値を小数点第2位で切り捨てています。

floor関数を使って、numに100を掛けた後、100で割ることで小数点第2位で切り捨てられた値を得ることができます。

実行結果は以下の通りです。

切り捨て後の値: 3.14

方法2: 関数を自作する

もう一つの方法は、自分で関数を作成する方法です。

以下のような関数を作成することで、小数点第2位で切り捨てることができます。

#include <stdio.h>
double truncate(double num) {
    int temp = num * 100;
    double result = temp / 100.0;
    return result;
}
int main() {
    double num = 3.14159;
    double result = truncate(num); // 小数点第2位で切り捨てる
    printf("切り捨て後の値: %.2f\n", result);
    return 0;
}

上記のコードでは、truncateという関数を定義し、引数として与えられた数値を小数点第2位で切り捨てています。

関数内では、一時的にnumに100を掛けた後、100.0で割ることで小数点第2位で切り捨てられた値を計算しています。

実行結果は以下の通りです。

切り捨て後の値: 3.14

以上がC言語で小数点第2位で小数部分を切り捨てる方法の解説です。

目次から探す