【C言語】小数点第2位で四捨五入する方法

この記事では、C言語で小数点第2位で四捨五入する方法を紹介します。

さらに、小数点第2位での四捨五入を行う手順も解説します。

目次から探す

C言語の四捨五入の基本

まず、C言語で四捨五入を行う基本的な方法を理解しましょう。

C言語では、round関数を使用して四捨五入を行います。

この関数は、引数として与えられた浮動小数点数を最も近い整数に四捨五入します。

#include<stdio.h>
#include <math.h>
int main(void) {
    double num = 3.14159;
    double result = round(num);
    printf("%f\n", result);  // 出力: 3.000000
    return 0;
}
3.000000

この例では、round関数3.141593に四捨五入しています。

本来は整数に四捨五入するための関数ですが、この関数を応用することで小数点第2位で四捨五入することが可能です。

小数点第2位で四捨五入する方法

次に、小数点第2位で四捨五入する方法を見ていきましょう。

これは、小数点以下2桁目を四捨五入するために、まず数値を10倍してからround関数を適用し、その後再び10で割るという手順を踏みます。

#include<stdio.h>
#include <math.h>
int main(void) {
    double num = 3.14159;
    double result = round(num * 10) / 10;
    printf("%.2f\n", result);  // 出力: 3.14
    return 0;
}
3.140000

この例では、3.141593.1に四捨五入されています。

printf関数のフォーマット指定子%.2fを使用することで、出力結果が小数点以下2桁まで表示されます。

以上が、C言語で小数点第2位で四捨五入する方法です。

この方法を覚えておくと、数値を扱うプログラムを書く際に非常に便利です。

目次から探す