【C言語】小数点第1位を切り捨てする方法

この記事では、C言語で小数点第1位を切り捨てる方法について解説します。

目次から探す

小数点第1位を切り捨てる方法

プログラミングにおいて、小数点以下の桁を切り捨てる方法はさまざまあります。

ここでは、C言語で小数点第1位を切り捨てる方法について解説します。

floor関数を使う方法

floor関数は、与えられた数値以下の最大の整数を返す関数です。

小数点以下の桁を切り捨てるために利用することができます。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
int main() {
    double num = 3.14159;
    double result = floor(num * 10) / 10; // 小数点第1位を切り捨てる
    printf("切り捨て後の数値: %.1f\n", result);
    return 0;
}

上記のコードでは、変数numに3.14159という値を代入し、floor関数を使って小数点第1位を切り捨てています。

numに10を掛けることで小数点第1位を整数部分に移動させ、floor関数で切り捨てた後、再度10で割ることで元の桁に戻しています。

実行結果は以下のようになります。

切り捨て後の数値: 3.1

キャストを使う方法

キャストを使って小数点以下の桁を切り捨てる方法もあります。

キャストとは、データ型を変換するための演算子です。

#include <stdio.h>
int main() {
    double num = 3.14159;
    double result = (int)(num * 10) / 10.0; // 小数点第1位を切り捨てる
    printf("切り捨て後の数値: %.1f\n", result);
    return 0;
}

上記のコードでは、(int)を使ってnumに10を掛けた結果を整数に変換しています。

その後、小数点第1位を切り捨てるために10.0で割っています。

実行結果は以下のようになります。

切り捨て後の数値: 3.1

以上がC言語で小数点第1位を切り捨てる方法の解説です。

どちらの方法も使い方によって適切な場面がありますので、目的に応じて適切な方法を選択してください。

目次から探す