【C言語】小数を含む数値を整数に切り上げする方法

目次から探す

小数を含む数値を整数に切り上げる方法

プログラミングにおいて、小数を含む数値を整数に切り上げる方法はいくつかあります。

ここでは、C言語での切り上げ方法について解説します。

ceil関数の使用方法

C言語では、math.hヘッダファイルに含まれるceil関数を使用することで、小数を含む数値を切り上げることができます。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
int main() {
    double num = 3.14;
    int roundedNum = ceil(num);
    printf("切り上げ後の数値: %d\n", roundedNum);
    return 0;
}

上記のコードでは、変数numに3.14という小数を代入し、ceil関数を使って切り上げを行っています。

切り上げ後の整数値は、変数roundedNumに代入されます。

最後に、切り上げ後の数値を表示しています。

実行結果は以下の通りです。

切り上げ後の数値: 4

自作関数による切り上げ

もし、math.hヘッダファイルを使用することができない場合や、自作の切り上げ関数を作成したい場合は、以下のような関数を定義することができます。

#include <stdio.h>
int ceilCustom(double num) {
    int roundedNum = (int)num;
    if (num > roundedNum) {
        roundedNum++;
    }
    return roundedNum;
}
int main() {
    double num = 3.14;
    int roundedNum = ceilCustom(num);
    printf("切り上げ後の数値: %d\n", roundedNum);
    return 0;
}

上記のコードでは、ceilCustomという自作の切り上げ関数を定義しています。

この関数では、与えられた数値numを整数に変換し、もし元の数値が整数よりも大きい場合は1を加えて切り上げを行っています。

実行結果は以下の通りです。

切り上げ後の数値: 4

以上が、C言語で小数を含む数値を整数に切り上げる方法の解説です。

ceil関数を使用するか、自作の切り上げ関数を作成するかは、環境や要件に応じて選択してください。

目次から探す