【Python】while文でcontinueを使う

この記事では、Pythonのwhile文で使われるcontinue文について解説します。

continue文を使うことで、特定の条件の場合に繰り返し処理をスキップすることができます。

具体的な使い方と実行結果の例を通じて、初心者の方にわかりやすく説明します。

目次から探す

while文でのcontinueの使い方

Pythonのwhile文は、指定した条件がTrueの間、繰り返し処理を行います。

しかし、特定の条件の場合には繰り返し処理をスキップしたい場合があります。

そのような場合には、continue文を使用することができます。

continue文は、その行での処理を中断し、次の繰り返しの開始に移るためのものです。

つまり、continue文が実行されると、その時点でのループの残りの処理をスキップし、次のループに進むことができます。

以下に、while文でcontinueを使う具体的な例を示します。

count = 0
while count < 5:
    count += 1
    if count == 3:
        continue
    print(count)

この例では、変数countが5未満の間、繰り返し処理が行われます。

しかし、countが3の場合には、continue文が実行されます。

そのため、countが3のときにはprint文が実行されず、次のループに進みます。

実行結果は以下のようになります。

1
2
4
5

countが3のときにはprint文がスキップされていることがわかります。

continue文は、while文だけでなく、for文などでも使用することができます。

また、continue文を使うことで、特定の条件に合致する場合に処理をスキップすることができるため、プログラムの効率化にも役立ちます。

以上が、Pythonのwhile文でcontinueを使う方法です。

continue文を使うことで、特定の条件の場合に処理をスキップすることができるため、柔軟なプログラミングが可能となります。

目次から探す