【Python】range関数を使って5回処理を繰り返す方法を解説

Pythonプログラミングをする上で、繰り返し処理は非常に重要な概念です。

特に、同じ処理を複数回実行する場合には、forループとrange関数を組み合わせて使用することが一般的です。

この記事では、Pythonのrange関数を使って5回処理を繰り返す方法を、初心者の方にもわかりやすく解説します。

目次から探す

range関数とは

range関数は、連続した整数のシーケンスを生成するための組み込み関数です。

この関数を使うことで、繰り返し処理を行う際に、指定した回数だけ処理を繰り返すことができます。

range(stop)
range(start, stop[, step])
  • stop: 繰り返しを終了する整数(この値は含まれない)
  • start: 繰り返しを開始する整数(デフォルトは0)
  • step: 繰り返しの間隔(デフォルトは1)

range関数を使った繰り返し処理

Pythonで繰り返し処理を行う際には、forループとrange関数を組み合わせて使用することが一般的です。

この章では、forループとrange関数を使って5回の繰り返し処理を行う方法を解説します。

forループとrange関数

forループは、指定された回数だけ繰り返し処理を行うための構文です。

range関数は、指定された範囲の整数のシーケンスを生成する関数です。

これらを組み合わせることで、簡単に繰り返し処理を実現することができます。

forループの基本的な構文は以下のようになります。

for 変数 in シーケンス:
    処理

ここで、シーケンスの部分にrange関数を使用することで、指定した回数だけ繰り返し処理を行うことができます。

5回の繰り返し処理の例

それでは、実際にforループとrange関数を使って5回の繰り返し処理を行う例を見てみましょう。

for i in range(5):
    print("繰り返し処理", i + 1, "回目")

このコードを実行すると、以下のような出力が得られます。

繰り返し処理 1 回目
繰り返し処理 2 回目
繰り返し処理 3 回目
繰り返し処理 4 回目
繰り返し処理 5 回目

range(5) は、0から4までの整数のシーケンスを生成します。

forループは、このシーケンスの各要素に対して処理を行います。

この例では、print関数を使って繰り返し処理の回数を表示しています。

繰り返し処理の応用

forループとrange関数を使った繰り返し処理は、さまざまな場面で応用することができます。

例えば、以下のような処理を実現することができます。

  • 1から10までの整数の和を求める
  • 任意の数の階乗を計算する
  • リストやタプルの要素を順番に処理する

繰り返し処理はプログラミングにおいて非常に重要な概念ですので、forループとrange関数の使い方をしっかりと理解しておくことが大切です。

目次から探す