【Python】while文を途中で抜ける方法

この記事では、Pythonのwhile文を途中で抜ける方法について解説します。

具体的には、break文を使用する方法、条件式を利用して途中で抜ける方法、そしてcontinue文を使って特定の条件のときだけループをスキップする方法について学びます。

これらの方法を使うことで、プログラムの流れを制御し、必要なタイミングでループを終了させることができます。

目次から探す

while文を途中で抜ける方法

Pythonのwhile文は、指定した条件がTrueの間、繰り返し処理を行います。

しかし、特定の条件が満たされた場合にループを途中で抜けたい場合もあります。

ここでは、while文を途中で抜けるための3つの方法について解説します。

break文を使用する方法

break文は、ループを途中で終了させるために使用されます。

while文の中で条件を判定し、特定の条件が満たされた場合にbreak文を使ってループを抜けることができます。

while 条件:
    # 処理
    if 特定の条件:
        break

上記の例では、特定の条件が満たされた場合にbreak文が実行され、ループが終了します。

条件式を利用して途中で抜ける方法

while文の条件式を利用して、途中でループを抜けることもできます。

条件式を更新し、特定の条件が満たされた場合にFalseを返すようにすることで、ループを終了させることができます。

while 条件:
    # 処理
    if 特定の条件:
        条件 = False

上記の例では、特定の条件が満たされた場合に条件をFalseに更新し、ループを終了させます。

continue文を使って特定の条件のときだけループをスキップする方法

continue文は、ループの中で特定の条件が満たされた場合に、その回の処理をスキップして次のループに進むために使用されます。

while 条件:
    # 処理
    if 特定の条件:
        continue
    # 特定の条件が満たされない場合の処理

上記の例では、特定の条件が満たされた場合にcontinue文が実行され、その回の処理がスキップされます。

その後の処理は通常通り実行されます。

以上が、Pythonのwhile文を途中で抜けるための方法です。

目次から探す