【Python】while文の条件式の書き方

この記事では、Pythonのwhile文の条件式の書き方や使い方について解説します。

比較演算子や論理演算子を使った条件式の書き方や、複数の条件式を組み合わせる方法を学ぶことができます。

また、具体的な例を通じて、while文の使い方や注意点についても理解することができます。

初心者の方にもわかりやすく解説していきますので、ぜひ読み進めてみてください。

目次から探す

while文の条件式の書き方

while文は、指定した条件が真である限り、繰り返し処理を行うための制御構造です。

while文の条件式は、繰り返し処理を継続するかどうかを判断するために使用されます。

以下では、while文の条件式の書き方について解説します。

比較演算子を使った条件式の書き方

比較演算子を使った条件式は、変数や値の大小や等しさを比較して、真または偽の結果を返します。

以下は、比較演算子を使った条件式の一例です。

x = 5
while x < 10:
    print(x)
    x += 1

上記の例では、変数xが10未満の間、xの値を表示し、xに1を加えています。

このように、比較演算子を使って条件式を記述することで、指定した条件が満たされている間は繰り返し処理が行われます。

論理演算子を使った条件式の書き方

論理演算子を使った条件式は、複数の条件を組み合わせて判断するために使用されます。

以下は、論理演算子を使った条件式の一例です。

x = 5
y = 3
while x > 0 and y > 0:
    print(x, y)
    x -= 1
    y -= 1

上記の例では、変数xとyが共に0より大きい間、xとyの値を表示し、xとyから1を引いています。

このように、論理演算子を使って複数の条件を組み合わせることで、複雑な条件式を表現することができます。

複数の条件式を組み合わせる方法

複数の条件式を組み合わせる方法は、比較演算子や論理演算子を組み合わせて条件式を記述することで実現します。

以下は、複数の条件式を組み合わせた例です。

x = 5
while x > 0 or x < 10:
    print(x)
    x += 1

上記の例では、変数xが0より大きいかまたは10未満の間、xの値を表示し、xに1を加えています。

このように、複数の条件式を組み合わせることで、より柔軟な条件判断が可能となります。

以上が、while文の条件式の書き方です。

条件式を適切に記述することで、while文を効果的に活用することができます。

次は、while文の使い方の例について解説します。

比較演算子には、以下のようなものがあります。

  • == : 等しい
  • != : 等しくない
  • > : より大きい
  • < : より小さい
  • >= : 以上
  • <= : 以下

論理演算子には、以下のようなものがあります。

  • and : 両方の条件が真の場合に真となる
  • or : どちらかの条件が真の場合に真となる
  • not : 条件の結果を反転させる

while文の使い方の例

数字を1から10まで順番に表示する例

以下のサンプルコードは、while文を使って1から10までの数字を順番に表示する例です。

num = 1
while num <= 10:
    print(num)
    num += 1

このコードでは、numという変数を初期値1で設定し、while文の条件式でnumが10以下の間、繰り返し処理が行われます。

print(num)によってnumの値が表示され、num += 1によってnumの値が1ずつ増えていきます。

この処理が10回繰り返されるため、1から10までの数字が順番に表示されます。

ユーザーからの入力を受け付ける例

以下のサンプルコードは、while文を使ってユーザーからの入力を受け付ける例です。

while True:
    name = input("名前を入力してください(終了する場合はqを入力):")
    if name == "q":
        break
    else:
        print("こんにちは、" + name + "さん!")

このコードでは、while文の条件式にTrueを指定しています。

これにより、無限ループが作られます。

ユーザーからの入力をinput()関数で受け取り、nameという変数に代入します。

もし、nameがqと等しい場合は、break文によってループを終了させます。

それ以外の場合は、こんにちは、と入力された名前を結合して表示します。

この処理がユーザーがqを入力するまで繰り返されます。

無限ループを作る例

以下のサンプルコードは、while文を使って無限ループを作る例です。

while True:
    print("無限ループです!")

このコードでは、while文の条件式にTrueを指定しています。

これにより、条件式が常に真となり、無限ループが作られます。

print(“無限ループです!”)によって、無限ループです!というメッセージが繰り返し表示されます。

このような無限ループは、特定の条件が満たされるまで処理を繰り返す場合などに使用されますが、注意が必要です。

無限ループになってしまうと、プログラムが停止しなくなるため、適切な終了条件を設定する必要があります。

while文の注意点

while文を使用する際には、いくつかの注意点に気を付ける必要があります。

以下では、無限ループにならないようにする方法と、条件式の更新を忘れないようにする方法について解説します。

無限ループにならないようにする

while文は、条件式がTrueの間は繰り返し処理を行います。

しかし、条件式が常にTrueとなるような場合、無限ループに陥ってしまいます。

無限ループはプログラムの正常な終了を妨げるだけでなく、CPUのリソースを占有してしまうため、避けるべきです。

無限ループにならないようにするためには、条件式が必ずFalseになるような処理を組み込む必要があります。

例えば、特定の条件が満たされた場合にループを抜けるような制御文を追加することが考えられます。

条件式の更新を忘れないようにする

while文の中で変数の値を更新する場合、更新処理を忘れてしまうと無限ループになる可能性があります。

例えば、以下のようなコードを考えてみましょう。

count = 0
while count < 5:
    print(count)

この場合、変数countの値が更新されずにループが続くため、無限ループになってしまいます。

正しいコードは以下のようになります。

count = 0
while count < 5:
    print(count)
    count += 1

変数countの値を更新することで、条件式がFalseになるまでループが繰り返されます。

条件式の更新を忘れないようにするためには、ループ内で変数の値を適切に更新するように注意しましょう。

以上が、while文を使用する際の注意点です。

無限ループにならないようにするためには、条件式が必ずFalseになるような処理を組み込むことが重要です。

また、条件式の更新を忘れないようにすることも大切です。

目次から探す