【Python】配列(リスト)をforループで回す方法

この記事では、Pythonの配列(リスト)をforループで回す方法と応用方法について解説します。

配列(リスト)の要素を一つずつ取り出したり、要素の値を変更したり、特定の条件を満たす要素だけを取り出したりする方法を学ぶことができます。

目次から探す

配列(リスト)をforループで回す方法

Pythonでは、配列(リスト)の要素を一つずつ取り出して処理するために、forループを使用することができます。

ここでは、forループの基本構文と配列(リスト)の要素を一つずつ取り出す方法について解説します。

forループの基本構文

forループは、指定した回数だけ繰り返し処理を行うための制御構造です。

以下のような基本的な構文を持っています。

for 要素 in 配列(リスト):
    処理

この構文では、配列(リスト)の要素を一つずつ取り出して、指定した処理を実行します。

要素は順番に取り出され、全ての要素が処理されるまで繰り返し処理が行われます。

配列(リスト)の要素を一つずつ取り出す方法

配列(リスト)の要素を一つずつ取り出すためには、forループの中で要素を指定する変数を定義します。

以下の例を見てみましょう。

fruits = ["apple", "banana", "orange"]

for fruit in fruits:
    print(fruit)

上記のコードでは、fruitsという配列(リスト)にapple、banana、orangeという要素が格納されています。

forループの中でfruitという変数を定義し、配列(リスト)の要素を一つずつ取り出しています。

取り出した要素はprint文で表示されます。

実行結果は以下のようになります。

apple
banana
orange

このように、forループを使用することで、配列(リスト)の要素を一つずつ取り出して処理することができます。

配列(リスト)の要素を一つずつ取り出す際には、要素の順番が保持されます。

また、要素のデータ型に制限はありません。

文字列や数値など、どんなデータ型でもforループで処理することができます。

配列(リスト)をforループで回す応用方法

インデックスを使って要素にアクセスする方法

配列(リスト)をforループで回す際に、要素のインデックスにアクセスすることもできます。

これは、要素の位置を特定したい場合や、要素のインデックスを利用して処理を行いたい場合に便利です。

以下は、インデックスを使って要素にアクセスする例です。

fruits = ["apple", "banana", "orange"]

for i in range(len(fruits)):
    print("インデックス:", i)
    print("要素:", fruits[i])

上記のコードでは、range(len(fruits))を使って、fruitsの要素数分の範囲を指定しています。

iには、0から始まるインデックスが順番に代入されます。

fruits[i]を使って、各要素にアクセスしています。

要素の値を変更する方法

配列(リスト)をforループで回す際に、要素の値を変更することもできます。

これは、特定の条件に基づいて要素を変更したい場合や、要素を更新する必要がある場合に役立ちます。

以下は、要素の値を変更する例です。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]

for i in range(len(numbers)):
    numbers[i] = numbers[i] * 2

print(numbers)

上記のコードでは、numbersの各要素を2倍に変更しています。

numbers[i]に新しい値を代入することで、要素の値を変更しています。

特定の条件を満たす要素だけを取り出す方法

配列(リスト)をforループで回す際に、特定の条件を満たす要素だけを取り出すこともできます。

これは、ある条件に基づいて要素をフィルタリングしたい場合や、特定の要素だけを処理したい場合に便利です。

以下は、特定の条件を満たす要素だけを取り出す例です。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]

for num in numbers:
    if num % 2 == 0:
        print(num)

上記のコードでは、numbersの各要素を順番に取り出し、if文で偶数かどうかを判定しています。

偶数の場合は、その要素を出力しています。

要素を加工して新しい配列(リスト)を作成する方法

配列(リスト)をforループで回す際に、要素を加工して新しい配列(リスト)を作成することもできます。

これは、元の配列(リスト)を変更せずに、要素を加工した結果を別の配列(リスト)として取得したい場合に便利です。

以下は、要素を加工して新しい配列(リスト)を作成する例です。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]

squared_numbers = []

for num in numbers:
    squared_numbers.append(num ** 2)

print(squared_numbers)

上記のコードでは、numbersの各要素を順番に取り出し、その要素を2乗してappend()関数を使ってsquared_numbersに追加しています。

最終的に、squared_numbersには元の配列(リスト)の要素を2乗した結果が格納されます。

append()関数は、リストの末尾に要素を追加するための関数です。

これらの応用方法を使うことで、より柔軟な配列(リスト)の操作が可能になります。

是非、実際に試してみてください。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す