【Python】for文の条件式の書き方

この記事では、Pythonのfor文で条件式を書く方法について解説します。

範囲指定やイテラブルオブジェクトを使って、繰り返し処理を行う方法を学ぶことができます。

初心者の方にもわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

範囲指定による条件式

Pythonのfor文では、範囲指定を使って条件式を書くことができます。

範囲指定を使うことで、指定した範囲内の値を順番に取り出して処理することができます。

range関数を使った条件式の書き方

range関数は、指定した範囲の整数を生成するために使用されます。

range関数は、引数として開始値、終了値、ステップ数を受け取ります。

以下はrange関数を使った条件式の書き方の例です。

for i in range(1, 10):
    print(i)

上記の例では、1から9までの整数が順番に取り出され、それぞれの値が変数iに代入されています。

その後、print文を使ってiの値を表示しています。

このようにrange関数を使うことで、指定した範囲の値を繰り返し処理することができます。

リストやタプルを使った条件式の書き方

範囲指定には、range関数以外にもリストやタプルを使うこともできます。

以下はリストやタプルを使った条件式の書き方の例です。

fruits = ["apple", "banana", "orange"]

for fruit in fruits:
    print(fruit)

上記の例では、fruitsというリストに含まれる要素が順番に取り出され、それぞれの値が変数fruitに代入されています。

その後、print文を使ってfruitの値を表示しています。

このようにリストやタプルを使うことで、指定した要素を繰り返し処理することができます。

range関数の第三引数で指定するステップ数は、範囲内の値をどれだけ飛ばして取り出すかを指定します。

デフォルトでは1ですが、例えば2を指定すると、範囲内の値を2つずつ飛ばして取り出すことができます。

イテラブルオブジェクトを使った条件式

Pythonのfor文では、範囲指定以外にもイテラブルオブジェクトを使った条件式を指定することができます。

イテラブルオブジェクトとは、要素を一つずつ取り出すことができるオブジェクトのことです。

ここでは、文字列、リスト、タプル、辞書、セットを使った条件式の書き方について解説します。

文字列を使った条件式の書き方

文字列は、文字の集まりです。

文字列を使った条件式では、文字列の各文字を順番に取り出して処理を行うことができます。

例えば、以下のようなコードを考えてみましょう。

text = "Hello, World!"
for char in text:
    print(char)

上記のコードでは、文字列Hello, World!の各文字を順番に取り出して、それぞれの文字を表示しています。

実行結果は以下のようになります。

H
e
l
l
o
,
 
W
o
r
l
d
!

このように、文字列を使った条件式では、文字列の各文字を順番に取り出すことができます。

リストやタプルを使った条件式の書き方

リストやタプルもイテラブルオブジェクトの一種です。

リストやタプルを使った条件式では、リストやタプルの要素を順番に取り出して処理を行うことができます。

例えば、以下のようなコードを考えてみましょう。

fruits = ["apple", "banana", "orange"]
for fruit in fruits:
    print(fruit)

上記のコードでは、リストfruitsの各要素を順番に取り出して、それぞれの要素を表示しています。

実行結果は以下のようになります。

apple
banana
orange

同様に、タプルを使った条件式でも同じように要素を取り出すことができます。

辞書を使った条件式の書き方

辞書もイテラブルオブジェクトの一種ですが、辞書の場合はキーと値のペアを取り出すことができます。

例えば、以下のようなコードを考えてみましょう。

person = {"name": "John", "age": 30, "country": "USA"}
for key, value in person.items():
    print(key, value)

上記のコードでは、辞書personのキーと値のペアを順番に取り出して、それぞれのキーと値を表示しています。

実行結果は以下のようになります。

name John
age 30
country USA

このように、辞書を使った条件式では、キーと値のペアを取り出すことができます。

セットを使った条件式の書き方

セットもイテラブルオブジェクトの一種です。

セットを使った条件式では、セットの要素を順番に取り出して処理を行うことができます。

例えば、以下のようなコードを考えてみましょう。

colors = {"red", "green", "blue"}
for color in colors:
    print(color)

上記のコードでは、セットcolorsの各要素を順番に取り出して、それぞれの要素を表示しています。

実行結果は以下のようになります。

red
green
blue

このように、セットを使った条件式では、セットの要素を取り出すことができます。

以上が、イテラブルオブジェクトを使った条件式の書き方です。

目次から探す