【Python】for文でリストに値を格納する方法

この記事では、Pythonのfor文を使ってリストに値を格納する方法を解説します。

for文を使うことで、繰り返し処理を行いながら効率的にリストに値を追加することができます。

初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

目次から探す

for文を使ってリストに値を格納する方法

Pythonのfor文を使って、リストに値を格納する方法について解説します。

リストは複数の値をまとめて扱うためのデータ型であり、for文を使って効率的に値を格納することができます。

リストの初期化

まず、リストを初期化する方法です。

リストを初期化するには、空のリストを作成します。

以下のコードを実行してみましょう。

my_list = []
print(my_list)

上記のコードでは、my_listという空のリストを作成し、print関数を使ってその内容を表示しています。

実行結果は、[]となります。

for文を使った値の格納

次に、for文を使ってリストに値を格納する方法です。

for文を使うことで、繰り返し処理を行いながら値をリストに追加することができます。

以下のコードを実行してみましょう。

my_list = []
for i in range(1, 6):
    my_list.append(i)
print(my_list)

上記のコードでは、range(1, 6)を使って1から5までの範囲を指定し、for文で繰り返し処理を行っています。

my_list.append(i)を使って、変数iの値をリストに追加しています。

実行結果は、[1, 2, 3, 4, 5]となります。

格納された値の確認

最後に、格納された値を確認する方法です。

リストに格納された値を取り出すには、インデックスを指定します。

以下のコードを実行してみましょう。

my_list = [1, 2, 3, 4, 5]
for i in range(len(my_list)):
    print(my_list[i])

上記のコードでは、len(my_list)を使ってリストの長さを取得し、for文で繰り返し処理を行っています。

my_list[i]を使って、インデックスiの値を取り出して表示しています。

実行結果は、以下のようになります。

1
2
3
4
5

以上が、Pythonのfor文を使ってリストに値を格納する方法です。

for文を使うことで、繰り返し処理を行いながら効率的にリストに値を追加することができます。

for文で繰り返し処理を行い、リストの値を取り出して表示します。

目次から探す