【Python】while文でbreak文を使う

目次から探す

break文の使い方

この記事では、Pythonのプログラミングで使われるbreak文について解説します。

break文は、ループの途中で条件を満たした場合にループを終了させるために使用されます。

具体的な使い方と実行結果の例を通じて、break文の基本的な使い方を理解することができます。

break文の使い方

Pythonのwhile文では、ループを途中で終了させるためにbreak文を使用することができます。

break文は、条件式が真の場合にループを終了させるために使われます。

以下に、break文の使い方の例を示します。

while 条件式:
    # ループの処理
    if 条件:
        break
    # ループの継続処理

上記のコードでは、whileの後に条件式が書かれています。

この条件式が真の間、ループが繰り返されます。

ループの処理の中で、ある条件が満たされた場合にbreak文が実行されると、ループが終了します。

break文は、while文の中でのみ使用することができます。

以下に、具体的な例を示します。

count = 0

while count < 5:
    print("count:", count)
    if count == 3:
        break
    count += 1

print("ループ終了")

上記のコードでは、countという変数を初期化し、while文の条件式でcountが5未満の間、ループが繰り返されます。

ループの中で、countが3になった場合にbreak文が実行され、ループが終了します。

実行結果は以下のようになります。

count: 0
count: 1
count: 2
count: 3
ループ終了

上記の例では、countが3になった時点でbreak文が実行され、ループが終了しています。

このように、break文を使うことで、特定の条件が満たされた場合にループを終了させることができます。

目次から探す