【Python】ループ処理をスキップするcontinue文の使い方

Pythonプログラミングを学ぶ上で、ループ処理は非常に重要な概念です。

今回は、ループ処理をスキップするための「continue文」について解説します。

目次から探す

continue文の概要

Pythonプログラミングにおいて、ループ処理の途中で特定の条件を満たした場合に、その後の処理をスキップして次のループに移る方法があります。

それが、continue文です。

このセクションでは、continue文の役割と基本構文について説明します。

continue文の役割

continue文は、ループ処理(for文やwhile文)の中で使用される制御構文です。

continue文が実行されると、その後の処理をスキップして、次のループの処理に移ります。

これにより、特定の条件を満たす場合にだけ処理をスキップすることができます。

例えば、リスト内の要素を順番に処理していく際に、特定の要素だけ処理をスキップしたい場合などにcontinue文を利用することができます。

continue文の基本構文

continue文の基本構文は非常にシンプルです。

ループ処理の中で、スキップしたい条件をif文で判断し、その条件が成立した場合にcontinueを実行します。

以下に、continue文を使用したサンプルコードを示します。


for i in range(10):
    if i % 2 == 0:
        continue
    print(i)

このコードでは、0から9までの整数を順番に処理しています。

if i % 2 == 0:の条件式で、偶数の場合にcontinue文が実行されます。

そのため、偶数の場合は print(i) がスキップされ、奇数のみが出力されます。

実行結果は以下のようになります。

1
3
5
7
9

このように、continue文を使うことで、特定の条件を満たす場合にループ処理をスキップすることができます。

これにより、より柔軟なプログラム制御が可能になります。

continue文を使ったループ処理のスキップ

for文でのcontinue文の使い方

基本的な使い方

continue文をfor文で使うことで、特定の条件下でループ処理をスキップし、次のループに進むことができます。

以下に基本的な使い方の例を示します。


for i in range(1, 6):
    if i == 3:
        continue
    print(i)
1
2
4
5

この例では、iが3のときにcontinue文が実行され、 print(i) がスキップされています。

そのため、実行結果に3が表示されていません。

条件付きでスキップする例

continue文を使って、条件に応じてループ処理をスキップすることができます。

以下に、条件付きでスキップする例を示します。


for i in range(1, 11):
    if i % 2 == 0:
        continue
    print(i)
1
3
5
7
9

この例では、iが偶数のときにcontinue文が実行され、 print(i) がスキップされています。

そのため、実行結果には奇数のみが表示されています。

while文でのcontinue文の使い方

基本的な使い方

while文でもcontinue文を使ってループ処理をスキップすることができます。

以下に基本的な使い方の例を示します。


i = 0
while i < 5:
    i += 1
    if i == 3:
        continue
    print(i)
1
2
4
5

この例では、iが3のときにcontinue文が実行され、 print(i) がスキップされています。

そのため、実行結果に3が表示されていません。

条件付きでスキップする例

while文でも、条件に応じてループ処理をスキップすることができます。

以下に、条件付きでスキップする例を示します。


i = 0
while i < 10:
    i += 1
    if i % 2 == 0:
        continue
    print(i)
1
3
5
7
9

この例では、iが偶数のときにcontinue文が実行され、 print(i) がスキップされています。

そのため、実行結果には奇数のみが表示されています。

1 2
目次から探す