【C言語】for文で配列を扱う方法

この記事では、C言語のfor文を使って配列を効果的に操作する方法と、配列の応用例について解説します。

配列の要素を順番に処理したり、逆順に処理したり、特定の条件で処理したりする方法を学ぶことができます。

また、配列の要素の合計や最大値を求めたり、要素を並び替える方法も紹介します。

初心者の方にもわかりやすく解説していきますので、ぜひご覧ください。

目次から探す

for文を使った配列の操作

C言語では、for文を使って配列の要素を効率的に処理することができます。

以下では、配列の要素を順番に処理する方法、逆順に処理する方法、特定の条件で処理する方法について解説します。

配列の要素を順番に処理する方法

配列の要素を順番に処理するには、for文を使用します。

以下の例では、配列の要素を順番に表示する方法を示します。

#include <stdio.h>
int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int length = sizeof(array) / sizeof(array[0]);
    for (int i = 0; i < length; i++) {
        printf("%d ", array[i]);
    }
    return 0;
}

上記のコードでは、arrayという名前の配列を定義し、length変数に配列の要素数を格納しています。

for文の条件式では、iが0からlength-1までの範囲でループするように設定しています。

ループ内では、array[i]を表示しています。

1 2 3 4 5

配列の要素を逆順に処理する方法

配列の要素を逆順に処理するには、for文を使用します。

以下の例では、配列の要素を逆順に表示する方法を示します。

#include <stdio.h>
int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int length = sizeof(array) / sizeof(array[0]);
    for (int i = length - 1; i >= 0; i--) {
        printf("%d ", array[i]);
    }
    return 0;
}

上記のコードでは、for文の初期化式でilength-1に設定し、条件式ではiが0以上の範囲でループするように設定しています。

ループ内では、array[i]を表示しています。

5 4 3 2 1

配列の要素を特定の条件で処理する方法

配列の要素を特定の条件で処理するには、for文を使用し、条件式で条件を指定します。

以下の例では、配列の要素のうち偶数のみを表示する方法を示します。

#include <stdio.h>
int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int length = sizeof(array) / sizeof(array[0]);
    for (int i = 0; i < length; i++) {
        if (array[i] % 2 == 0) {
            printf("%d ", array[i]);
        }
    }
    return 0;
}

上記のコードでは、for文を使用して配列の要素を順番に処理しています。

条件式では、array[i]が偶数であるかを判定しています。

偶数の場合は、array[i]を表示します。

2 4

以上が、for文を使った配列の操作方法です。

配列の要素を順番に処理する方法、逆順に処理する方法、特定の条件で処理する方法を使いこなして、効率的なプログラミングを行いましょう。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す