【C言語】do-while文のループをbreak文で抜ける方法

この記事では、C言語のプログラミングにおいて、ループの中断方法や継続条件の設定方法、さらにはdo-while文と他のループ文との比較について解説します。

初心者の方でもわかりやすく、具体的なサンプルコードを交えながら、C言語のループについて理解することができます。

目次から探す

ループの中断方法

プログラミングにおいて、ループ文は同じ処理を繰り返し実行するための重要な構造です。

しかし、特定の条件が満たされた場合にループを中断する必要がある場合もあります。

C言語では、ループを中断するためにbreak文を使用することができます。

break文の概要

break文は、ループ内で使用され、その文が実行されると、ループを直ちに終了し、ループの次の文に制御を移します。

break文は、条件式の評価結果に関係なく、ループを中断するため、ループ内の任意の場所で使用することができます。

do-while文でのbreak文の使用方法

do-while文は、まずループの本体を実行し、その後に条件式を評価するループ構造です。

do-while文では、ループの最後に条件式を評価するため、break文を使用してループを中断する場合、do-while文の中でbreak文を記述する必要があります。

以下は、do-while文break文を使用してループを中断する例です。

#include <stdio.h>
int main() {
    int i = 1;
    
    do {
        printf("%d\n", i);
        i++;
        
        if (i == 5) {
            break;
        }
    } while (i <= 10);
    
    return 0;
}

上記のコードでは、do-whileループが1から10までの数値を出力しますが、iが5になった時点でbreak文が実行され、ループが中断されます。

したがって、出力結果は1から4までの数値となります。

do-while文では、ループの最後に条件式を評価するため、break文を使用してループを中断する場合、do-while文の中でbreak文を記述する必要があります。

また、break文を使用する際には、ループ内の適切な場所に配置することが重要です。

do-while文は、ループの本体が少なくとも1回は実行されるため、ループの条件が最初から偽である場合でも、ループが少なくとも1回は実行されます。

ループの継続条件の設定

プログラムでループを実行する際には、ループの継続条件を設定する必要があります。

継続条件が真である限り、ループは繰り返し実行されます。

C言語では、do-while文を使用してループを作成することができます。

do-while文の継続条件の設定方法

do-while文は、まずループの本体を実行し、その後に継続条件を評価します。

つまり、ループの本体が少なくとも1回は実行されることが保証されます。

do-while文の構文は以下のようになります。

do {
    // ループの本体
} while (継続条件);

継続条件は、真偽値を返す式である必要があります。

継続条件が真である限り、ループは繰り返し実行されます。

継続条件が偽になると、ループは終了します。

break文と継続条件の関係

do-while文の中でbreak文を使用することで、ループを途中で中断することができます。

break文は、ループの中で条件を満たした場合に、ループを終了させるために使用されます。

例えば、以下のようなコードを考えてみましょう。

int i = 1;
do {
    printf("%d\n", i);
    i++;
    if (i == 5) {
        break;
    }
} while (i <= 10);

このコードでは、変数iが1から始まり、do-whileループの中で1ずつ増加させながら、iが5になった時点でループを終了します。

ループの中でbreak文が実行されると、ループを抜けるため、継続条件の評価は行われません。

上記のコードを実行すると、以下のような出力結果が得られます。

1
2
3
4

このように、break文を使用することで、ループの中で特定の条件を満たした場合にループを終了させることができます。

do-while文は、ループの本体が少なくとも1回は実行されるため、継続条件の評価が後に行われます。

そのため、do-while文では、ループの本体が必ず実行されることを意識してプログラムを作成する必要があります。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す