【C言語】while文を使って足し算して合計値を求める

この記事では、C言語のwhile文を使って足し算を行い、合計値を求める方法について解説します。

また、プログラムの改良についても触れます。

初心者の方でもわかりやすく、サンプルコードを交えて説明します。

目次から探す

while文の基本的な構文と使い方の説明

while文の基本的な構文

C言語におけるwhile文は、指定した条件が真である限り、繰り返し実行される制御構造です。

以下にwhile文の基本的な構文を示します。

while (条件式) {
    // 条件式が真の場合に実行される処理
}

while文の条件式が真である限り、中括弧内の処理が繰り返し実行されます。

条件式が偽になると、while文の実行は終了します。

while文の使い方

while文は、特定の条件を満たすまで繰り返し処理を行いたい場合に使用されます。

例えば、ユーザーからの入力を受け付け、特定の条件が満たされるまで繰り返し処理を行う場合などに利用されます。

以下に、ユーザーからの入力を受け付け、入力された数値を足し合わせていくプログラムの例を示します。

#include <stdio.h>
int main() {
    int sum = 0;
    int num;
    printf("数値を入力してください(0を入力すると終了します): ");
    scanf("%d", &num);
    while (num != 0) {
        sum += num;
        printf("数値を入力してください(0を入力すると終了します): ");
        scanf("%d", &num);
    }
    printf("合計値は%dです。\n", sum);
    return 0;
}

このプログラムでは、ユーザーから数値を入力し、入力された数値をsum変数に足し合わせていきます。

ユーザーが0を入力するまで、繰り返し入力を受け付けます。

最終的に、合計値を表示します。

while文は、条件式が常に真となるような無限ループになる可能性があるため、注意が必要です。

適切な条件式を設定し、ループが終了するようにすることが重要です。

足し算のプログラムを作成する

足し算のプログラムを作成するためには、変数の宣言と初期化、while文を使った足し算のプログラム、そしてプログラムの実行と結果の確認が必要です。

変数の宣言と初期化

まず、足し算のために必要な変数を宣言しましょう。

例えば、足し算を行うための2つの数値を格納する変数と、合計値を格納する変数が必要です。

以下のように変数を宣言し、適切な初期値を与えます。

int num1 = 5; // 足される数値1
int num2 = 3; // 足される数値2
int sum = 0;  // 合計値

while文を使った足し算のプログラム

次に、while文を使って足し算のプログラムを作成します。

while文は、指定した条件が真である限り、繰り返し処理を行うための制御文です。

以下のようにwhile文を使って足し算のプログラムを作成します。

while (num1 > 0) {
    sum += num2;
    num1--;
}

このプログラムでは、num1が0より大きい間、num2をsumに加え、num1を1ずつ減らしていきます。

これにより、num1回だけnum2を足し合わせることができます。

プログラムの実行と結果の確認

最後に、作成したプログラムを実行し、結果を確認しましょう。

以下のようにprintf関数を使って、合計値を表示します。

printf("合計値: %d\n", sum);

これにより、足し算の結果が画面に表示されます。

以上が、足し算のプログラムを作成するための手順です。

次は、プログラムの改良について見ていきましょう。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す