【Python】while文を使って最小公倍数を求める方法

この記事では、Pythonを使用して2つの整数の最小公倍数を計算する方法を学びます。

while文を使って効率的に最小公倍数を求める手順やプログラムの作成方法を解説します。

Python初心者でも理解しやすい内容です。

目次から探す

Pythonで最小公倍数を求める方法

while文を使った方法の概要

最小公倍数を求める際に、while文を使用することで効率的に計算を行うことができます。

while文を使った方法では、2つの数の最小公倍数を求める際に、最初に与えられた2つの数のうち大きい方の数を基準にして、その数の倍数を順番に増やしていき、もう一方の数でも割り切れるかどうかを判定します。

割り切れた場合、その数が最小公倍数となります。

while文を使った最小公倍数の計算手順

  1. 与えられた2つの数aとbのうち、大きい方の数を基準とします。
  2. 基準となる数を変数multipleに代入します。
  3. whileループを使い、基準となる数がもう一方の数で割り切れるかどうかを判定します。
  4. もし割り切れた場合、その数が最小公倍数となります。
  5. 割り切れなかった場合は、基準となる数を1つずつ増やしていき、再度割り切れるかどうかを判定します。
  6. 割り切れる数が見つかるまでこの手順を繰り返します。

最小公倍数を求める際に、while文を使うことで、効率的に計算を行うことができます。

最小公倍数を求めるプログラムの作成

プログラムの構造

最小公倍数を求めるプログラムは、2つの整数の最小公倍数を計算するためのwhileループを使用します。

まず、2つの整数を入力として受け取り、それぞれを変数に格納します。

次に、whileループを使用して、2つの整数の倍数を順番にチェックし、最初に一致する最小公倍数を見つけます。

ユーザーからの入力を受け取る方法

ユーザーから2つの整数を入力として受け取るために、input()関数を使用します。

以下は、ユーザーからの入力を受け取り、整数に変換するサンプルコードです。

num1 = int(input("最初の整数を入力してください: "))
num2 = int(input("次の整数を入力してください: "))

プログラムの実行例

以下は、2つの整数の最小公倍数を求めるPythonプログラムの実行例です。

num1 = int(input("最初の整数を入力してください: "))
num2 = int(input("次の整数を入力してください: "))

# num1とnum2のうち、大きい方をnum_max、小さい方をnum_minとする
if num1 > num2:
    num_max = num1
    num_min = num2
else:
    num_max = num2
    num_min = num1

i = num_max
while True:
    if i % num_min == 0 and i % num_max == 0:
        lcm = i
        break
    i += num_max

print(f"{num1}と{num2}の最小公倍数は{num_lcm}です。")

最小公倍数を求める際のポイント

最小公倍数を求める際のポイントは、2つの整数のうち大きい方を基準にして、その倍数を順番にチェックしていくことです。

whileループを使用して、基準となる整数の倍数を増やしていき、最初に2つの整数の倍数となる数値を見つけると、それが最小公倍数となります。

この方法を使うことで、効率的に最小公倍数を求めることができます。

目次から探す