【Python】max関数を使わずに最大値を求める方法

この記事では、Pythonのmax関数を使わずにリスト内の最大値を求める方法を紹介します。

ループや再帰関数、ソートを使った方法を通じて、Pythonの基本的なプログラミング手法を学ぶことができます。

目次から探す

max関数とは

Pythonの組み込み関数であり、与えられた複数の要素から最大値を返す関数です。

以下はmax関数の使用例です。

numbers = [3, 7, 1, 9, 4]
max_number = max(numbers)
print(max_number)  # 出力結果: 9

ループを使った方法

ループを使用してリスト内の要素を比較し、最大値を見つける方法です。

以下はループを使った最大値の求め方の例です。

numbers = [3, 7, 1, 9, 4]
max_number = numbers[0]
for num in numbers:
    if num > max_number:
        max_number = num
print(max_number)  # 出力結果: 9

再帰関数を使って最大値を求める方法

再帰関数を使用してリスト内の要素を比較し、最大値を見つける方法です。

以下は再帰関数を使った最大値の求め方の例です。

def find_max(numbers):
    if len(numbers) == 1:
        return numbers[0]
    else:
        return max(numbers[0], find_max(numbers[1:]))

numbers = [3, 7, 1, 9, 4]
max_number = find_max(numbers)
print(max_number)  # 出力結果: 9

ソートを使った方法

リストをソートし、最後の要素を取得することで最大値を求める方法です。

以下はソートを使った最大値の求め方の例です。

numbers = [3, 7, 1, 9, 4]
numbers.sort()
max_number = numbers[-1]
print(max_number)  # 出力結果: 9

これらの方法を使うことで、max関数を使わずにリスト内の最大値を求めることができます。

目次から探す