【C言語】ファイルを作成してデータを書き込む方法

この記事では、C言語を使ってファイルを作成し、データを書き込む方法について解説します。

ファイルの作成方法とデータの書き込み方法を学ぶことで、プログラミング初心者でも簡単にファイル操作ができるようになります。

目次から探す

ファイルを作成して書き込む方法

ファイルの作成

ファイルを作成するためには、fopen関数を使用します。

fopen関数は、指定したファイル名で新しいファイルを作成し、ファイルへのポインタを返します。


#include <stdio.h>
int main() {
    FILE *file;
    file = fopen("sample.txt", "w"); //ファイルが存在しない場合は自動的に作成する
    if (file == NULL) {
        printf("ファイルを作成できませんでした。\n");
        return 1;
    }
    printf("ファイルを作成しました。\n");
    fclose(file);
    return 0;
}

上記の例では、fopen関数を使用してsample.txtという名前の新しいファイルを作成しています。

fopen関数の第1引数にはファイル名を、第2引数にはファイルのモードを指定します。

モードとしてwを指定すると、新しいファイルを書き込みモードで開くことができます。

ファイルのオープンに成功した場合、fopen関数はファイルへのポインタを返します。

開こうとしたファイルが存在しない場合は自動的に新規作成され、作成されたファイルのポインタが返されます。

ファイルの作成に失敗した場合、fopen関数NULLを返します。

上記の例では、ファイルの作成に成功したかどうかを確認し、成功した場合は「ファイルを作成しました。」と表示します。

データの書き込み

ファイルを作成したら、次はデータを書き込むことができます。

C言語では、fprintf関数を使用してファイルにデータを書き込むことができます。


#include <stdio.h>
int main() {
    FILE *file;
    file = fopen("sample.txt", "w");
    if (file == NULL) {
        printf("ファイルを作成できませんでした。\n");
        return 1;
    }
    fprintf(file, "Hello, World!\n");
    fprintf(file, "こんにちは、世界!\n");
    fclose(file);
    return 0;
}

上記の例では、fprintf関数を使用してファイルに2つの文を書き込んでいます。

fprintf関数の第1引数にはファイルへのポインタを、第2引数には書き込むデータを指定します。

第1引数がファイルポインタであることを除いて、printf関数と使い方は同じです。

データを書き込んだ後は、必ずファイルを閉じる必要があります。

ファイルを閉じるためには、fclose関数を使用します。

ファイルを閉じることで、データの書き込みが完了し、ファイルが正しく保存されます。

以上が、C言語でファイルを作成してデータを書き込む方法の基本的な手順です。

目次から探す