【Python】pygameで当たり判定を実装する方法

この記事では、Pythonを使用してゲーム開発における当たり判定の基本から実践例、注意点までを解説します。

当たり判定の仕組みや活用方法を理解して、自分のゲームに取り入れる準備をしましょう!

目次から探す

当たり判定の基本

矩形同士の当たり判定

矩形同士の当たり判定は、矩形の座標やサイズを比較することで行われます。

例えば、2つの矩形が重なっているかどうかを判定する場合、それぞれの矩形の座標と幅・高さを比較して重なりがあるかどうかを確認します。

以下に矩形同士の当たり判定のサンプルコードを示します。

rect1 = pygame.Rect(100, 100, 50, 50)
rect2 = pygame.Rect(200, 200, 50, 50)

if rect1.colliderect(rect2):
    print("矩形同士が重なっています")
else:
    print("矩形同士は重なっていません")

円同士の当たり判定

円同士の当たり判定は、円の中心座標と半径を比較することで行われます。

2つの円の中心座標の距離が2つの円の半径の和よりも小さい場合、円同士が重なっていると判定されます。

以下に円同士の当たり判定のサンプルコードを示します。

circle1 = (200, 200)
radius1 = 30
circle2 = (300, 300)
radius2 = 50

distance = math.sqrt((circle2[0] - circle1[0])**2 + (circle2[1] - circle1[1])**2)

if distance < radius1 + radius2:
    print("円同士が重なっています")
else:
    print("円同士は重なっていません")

点と矩形の当たり判定

点と矩形の当たり判定は、点の座標が矩形の範囲内に含まれているかどうかを判定します。

点の座標が矩形の左上の座標と右下の座標の間に収まっていれば、点は矩形内に存在します。

以下に点と矩形の当たり判定のサンプルコードを示します。

point = (150, 150)
rect = pygame.Rect(100, 100, 50, 50)

if rect.collidepoint(point):
    print("点は矩形内にあります")
else:
    print("点は矩形内にありません")

点と円の当たり判定

点と円の当たり判定は、点と円の中心座標の距離が円の半径よりも小さいかどうかを判定します。

点と円の中心座標の距離が円の半径以下であれば、点は円の内部に存在します。

以下に点と円の当たり判定のサンプルコードを示します。

point = (250, 250)
circle = (300, 300)
radius = 50

distance = math.sqrt((circle[0] - point[0])**2 + (circle[1] - point[1])**2)

if distance < radius:
    print("点は円の内部にあります")
else:
    print("点は円の内部にありません")

実践例:ゲームでの当たり判定の活用

シューティングゲームでの当たり判定

シューティングゲームにおいて、プレイヤーの弾と敵キャラクターの当たり判定を実装することで、弾が敵に当たった時の効果や敵の撃破などを実現することができます。

以下は、pygameを使用したシューティングゲームでの当たり判定のサンプルコードです。

# プレイヤーの弾と敵キャラクターの当たり判定
for bullet in player_bullets:
    for enemy in enemies:
        if bullet.rect.colliderect(enemy.rect):
            # 弾と敵が衝突した場合の処理
            bullet.kill()
            enemy.kill()

レースゲームでの当たり判定

レースゲームにおいて、プレイヤーの車と障害物との当たり判定を実装することで、衝突時の挙動やゲームオーバーの処理を行うことができます。

以下は、pygameを使用したレースゲームでの当たり判定のサンプルコードです。

# プレイヤーの車と障害物との当たり判定
for obstacle in obstacles:
    if player_car.rect.colliderect(obstacle.rect):
        # プレイヤーの車と障害物が衝突した場合の処理
        game_over()

パズルゲームでの当たり判定

パズルゲームにおいて、ブロック同士の当たり判定を実装することで、ブロック同士が重なった時の挙動や消去処理を行うことができます。

以下は、pygameを使用したパズルゲームでの当たり判定のサンプルコードです。

# ブロック同士の当たり判定
for block1 in blocks:
    for block2 in blocks:
        if block1.rect.colliderect(block2.rect) and block1 != block2:
            # ブロック同士が重なった場合の処理
            block1.merge(block2)

これらの実践例を参考に、ゲーム開発における当たり判定の活用方法を理解し、自身のゲームに応用してみてください。

1 2
目次から探す