【Python】辞書(dict)からgetメソッドでキーから値を取得する

この記事では、Pythonの辞書(dict)からgetメソッドを使ってキーから値を取得する方法について解説します。

getメソッドを使うことで、キーが存在しない場合にもエラーを回避することができます。

初心者の方でもわかりやすく、具体的なサンプルコードと実行結果の例を交えて説明します。

目次から探す

getメソッドとは

Pythonの辞書(dict)には、キーと値のペアが格納されています。

getメソッドは、辞書から指定したキーに対応する値を取得するためのメソッドです。

getメソッドを使用することで、キーが存在しない場合にもエラーを回避することができます。

getメソッドの使い方

キーが存在する場合の動作

getメソッドを使用すると、指定したキーに対応する値を取得することができます。

キーが存在する場合、getメソッドはその値を返します。

以下は、getメソッドを使用して辞書から値を取得する例です。

# 辞書の作成
my_dict = {'apple': 'りんご', 'banana': 'バナナ', 'orange': 'オレンジ'}

# getメソッドを使用して値を取得
fruit = my_dict.get('apple')
print(fruit)  # 出力結果: りんご

この例では、辞書my_dictからキーがappleに対応する値を取得しています。

getメソッドappleに対応する値であるりんごを返し、それが変数fruitに代入されます。

最後に、変数fruitの値を出力しています。

キーが存在しない場合の動作

getメソッドを使用すると、キーが存在しない場合には指定したデフォルト値を返すことができます。

デフォルト値を指定しない場合は、Noneが返されます。

以下は、キーが存在しない場合にデフォルト値を返す例です。

# 辞書の作成
my_dict = {'apple': 'りんご', 'banana': 'バナナ', 'orange': 'オレンジ'}

# 存在しないキーでgetメソッドを使用
fruit = my_dict.get('grape', 'デフォルト')
print(fruit)  # 出力結果: デフォルト

この例では、辞書my_dictにはキーがgrapeは存在しません。

getメソッドの第二引数に指定したデフォルト値であるデフォルトが返されます。

以上が、Pythonの辞書からgetメソッドを使用してキーから値を取得する方法の説明です。

getメソッドを使うことで、キーの存在を確認しながら値を取得することができます。

目次から探す