【Python】辞書(dict)をキーや値でソートする方法

この記事では、Pythonの辞書(dict)をキーや値でソートする方法を紹介します。

ソートの方法には、sorted()関数やlambda関数operatorモジュールを使う方法があります。

初心者の方でもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

キーでソートする方法

辞書(dict)をキーでソートする方法について解説します。

sorted()関数を使った方法

Pythonの組み込み関数であるsorted()関数を使うことで、辞書のキーでソートすることができます。

sorted()関数は、ソートされた新しいリストを返します。

以下は、辞書をキーでソートする例です。

my_dict = {'apple': 3, 'banana': 2, 'cherry': 1}
sorted_dict = sorted(my_dict)
print(sorted_dict)
['apple', 'banana', 'cherry']

sorted()関数は、辞書のキーを昇順にソートします。

lambda関数を使った方法

sorted()関数のkey引数に、lambda関数を指定することで、辞書のキーでソートすることもできます。

以下は、lambda関数を使って辞書をキーでソートする例です。

my_dict = {'apple': 3, 'banana': 2, 'cherry': 1}
sorted_dict = sorted(my_dict, key=lambda x: x)
print(sorted_dict)
['apple', 'banana', 'cherry']

lambda関数は、引数として与えられた要素をそのまま返すため、辞書のキーをそのまま使ってソートされます。

operatorモジュールを使った方法

Pythonのoperatorモジュールには、辞書のキーでソートするための関数が用意されています。

itemgetter()関数を使うことで、辞書のキーを取得してソートすることができます。

以下は、operatorモジュールを使って辞書をキーでソートする例です。

import operator

my_dict = {'apple': 3, 'banana': 2, 'cherry': 1}
sorted_dict = sorted(my_dict, key=operator.itemgetter(0))
print(sorted_dict)
['apple', 'banana', 'cherry']

operator.itemgetter(0)は、辞書のキーを取得するための関数です。

key引数にoperator.itemgetter(0)を指定することで、辞書のキーでソートされます。

以上が、辞書をキーでソートする方法です。

次に、値でソートする方法について説明します。

1 2 3

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す