【Python】辞書を作成する方法

この記事では、Pythonで辞書を作成するための4つの方法について解説します。

中括弧{}を使用する方法、dict()関数を使用する方法、キーワード引数を使用する方法、そして辞書内包表記を使用する方法を学ぶことができます。

これらの方法を使って、Pythonで便利な辞書を作成する方法を理解しましょう。

目次から探す

辞書の作成方法

Pythonでは、辞書を作成するためにいくつかの方法があります。

ここでは、中括弧{}を使用する方法、dict()関数を使用する方法、キーワード引数を使用する方法、そして辞書内包表記を使用する方法について解説します。

中括弧{}を使用する方法

辞書を作成するためには、中括弧{}を使用します。

中括弧内にキーと値のペアをコロン(:)で区切って記述します。

複数のキーと値のペアはカンマ(,)で区切ります。

# 辞書の作成
my_dict = {"apple": 100, "banana": 200, "orange": 150}

# 辞書の表示
print(my_dict)

上記のコードでは、appleというキーに対して値100、bananaというキーに対して値200、orangeというキーに対して値150を持つ辞書を作成しています。

dict()関数を使用する方法

dict()関数を使用することで、辞書を作成することもできます。

dict()関数には、キーワード引数やキーと値のタプルのリストを渡すことができます。

# キーワード引数を使用して辞書を作成
my_dict = dict(apple=100, banana=200, orange=150)

# 辞書の表示
print(my_dict)

上記のコードでは、キーワード引数を使用して辞書を作成しています。

appleというキーに対して値100、bananaというキーに対して値200、orangeというキーに対して値150を持つ辞書が作成されます。

キーワード引数を使用する方法

dict()関数を使用する際に、キーワード引数を使用することもできます。

キーワード引数として、キーと値のペアを指定します。

# キーワード引数を使用して辞書を作成
my_dict = dict(key1=value1, key2=value2, key3=value3)

# 辞書の表示
print(my_dict)

上記のコードでは、キーワード引数を使用して辞書を作成しています。

キーと値のペアを指定することで、辞書を作成することができます。

辞書内包表記を使用する方法

辞書内包表記を使用することで、簡潔に辞書を作成することができます。

辞書内包表記は、リスト内包表記と似た構文を持ちますが、中括弧{}を使用します。

# 辞書内包表記を使用して辞書を作成
my_dict = {key: value for key, value in iterable}

# 辞書の表示
print(my_dict)

上記のコードでは、iterableからキーと値を取り出し、それを使って辞書を作成しています。

これらの方法を使って、Pythonで辞書を作成する方法を理解しましょう。

辞書は、キーと値のペアを持つデータ構造であり、様々な場面で活用されます。

目次から探す