【Python】辞書に複数の要素をまとめて追加する方法

この記事では、Pythonの辞書に複数の要素を追加する方法を解説します。

リストやタプルから要素を追加する方法と、内包表記を使った要素の追加方法を紹介します。

初心者の方でもわかりやすく、具体的なコード例と実行結果を交えて説明します。

目次から探す

辞書に複数の要素を追加する方法

Pythonの辞書は、キーと値のペアを格納するデータ構造です。

辞書に要素を追加する方法にはいくつかの方法があります。

ここでは、リストやタプルから辞書に要素を追加する方法と、内包表記を使った複数の要素の追加方法について解説します。

リストやタプルから辞書に要素を追加する方法

リストやタプルから辞書に要素を追加するには、update()メソッドを使用します。

update()メソッドは、引数として辞書やキーバリューペアのリストやタプルを受け取り、辞書に要素を追加します。

以下は、リストから辞書に要素を追加する例です。

my_dict = {"apple": 1, "banana": 2}
my_list = [("orange", 3), ("grape", 4)]

my_dict.update(my_list)

print(my_dict)
{"apple": 1, "banana": 2, "orange": 3, "grape": 4}

リストやタプルの要素は、キーバリューペアとして追加されます。

リストやタプルの要素は、キーと値の順番で指定する必要があります。

内包表記を使った複数の要素の追加方法

Pythonの内包表記を使うと、簡潔に複数の要素を辞書に追加することができます。

内包表記は、リストやタプルの要素をループ処理しながら辞書に追加する方法です。

以下は、内包表記を使って複数の要素を辞書に追加する例です。

my_dict = {key: value for key, value in [("apple", 1), ("banana", 2), ("orange", 3), ("grape", 4)]}

print(my_dict)
{"apple": 1, "banana": 2, "orange": 3, "grape": 4}

内包表記では、key: valueの形式でキーバリューペアを指定します。

ループ処理を行いながら、指定したキーバリューペアを辞書に追加します。

以上が、辞書に複数の要素を追加する方法です。

リストやタプルから要素を追加する場合はupdate()メソッドを、内包表記を使う場合は内包表記を使って要素を追加することができます。

目次から探す