【Python】円の面積を計算する方法

この記事では、Pythonを使用して円の面積を計算する方法を学びます。

円の半径を入力するだけで、簡単に円の面積を求めることができます。

さあ、一緒にPythonで円の面積を計算してみましょう!

目次から探す

Pythonで円の面積を計算する方法

円の面積を計算するためには、Pythonを使用して円周率πを使い円の半径を二乗した値を掛けることで簡単に計算することができます。

以下にPythonで円の面積を計算する方法を示します。

ステップ1: 必要なモジュールをインポートする

Pythonのmathモジュールを使用して円周率πを取得します。

ステップ2: 円の半径を入力する

ユーザーから円の半径を入力してもらいます。

入力は浮動小数点数として扱います。

ステップ3: 面積を計算する

入力された半径を使って円の面積を計算します。

面積の計算式は以下の通りです。

ステップ4: 結果を出力する

計算された円の面積を出力します。

これで、Pythonを使用して円の面積を計算するプログラムが完成します。

サンプルコードを以下に示します。

import math

# 円の半径を入力
radius = float(input("円の半径を入力してください: "))

# 面積を計算
area = math.pi * radius**2

# 結果を出力
print(f"半径 {radius} の円の面積は {area} です。")

このプログラムを実行すると、円の半径を入力するプロンプトが表示され、半径を入力すると計算結果が表示されます。

目次から探す