【C言語】正規表現を使って文字列を検索する方法

この記事では、C言語で正規表現を使って文字列を検索する方法について解説します。

目次から探す

C言語での正規表現の利用方法

正規表現は、特定のパターンに一致する文字列を検索するための強力なツールです。

C言語でも正規表現を利用することができます。

正規表現ライブラリの導入

C言語では、正規表現を扱うために外部のライブラリを使用する必要があります。

代表的な正規表現ライブラリとしては、regex.hがあります。

このライブラリを使用することで、正規表現を扱うための関数やデータ型を利用することができます。

正規表現パターンの作成

正規表現パターンは、検索したい文字列のパターンを表現するための文字列です。

例えば、メールアドレスを検索する場合、正規表現パターンは [a-zA-Z0-9]+@[a-zA-Z0-9]+.[a-zA-Z0-9]+ のようになります。

正規表現パターンは、特定の文字や文字クラス、量指定子などを組み合わせて表現することができます。

文字列の検索方法

正規表現を使って文字列を検索するためには、以下の手順を実行します。

  1. 正規表現パターンを作成する。
  2. 検索対象の文字列を用意する。
  3. 正規表現ライブラリの関数を使って、文字列を検索する。

具体的なコード例を示します。

#include <stdio.h>
#include <regex.h>
int main() {
    regex_t regex;
    int ret;
    // 正規表現パターンを作成する
    ret = regcomp(&regex, "hello", 0);
    if (ret != 0) {
        printf("正規表現パターンの作成に失敗しました\n");
        return 1;
    }
    // 検索対象の文字列を用意する
    char str[] = "hello world";
    // 文字列を検索する
    ret = regexec(&regex, str, 0, NULL, 0);
    if (ret == 0) {
        printf("文字列が見つかりました\n");
    } else if (ret == REG_NOMATCH) {
        printf("文字列が見つかりませんでした\n");
    } else {
        printf("文字列の検索に失敗しました\n");
    }
    // 正規表現パターンを解放する
    regfree(&regex);
    return 0;
}

上記のコードでは、helloという文字列を検索対象の文字列から検索しています。

もし文字列が見つかれば、「文字列が見つかりました」と表示されます。

見つからなければ、「文字列が見つかりませんでした」と表示されます。

正規表現を使った文字列の検索の実例

メールアドレスの検索

メールアドレスは一定のフォーマットに従っているため、正規表現を使って簡単に検索することができます。

以下は、メールアドレスを検索するための正規表現パターンの例です。

"[a-zA-Z0-9]+@[a-zA-Z0-9]+\\.[a-zA-Z0-9]+"

電話番号の検索

電話番号も一定のフォーマットに従っているため、正規表現を使って検索することができます。

以下は、電話番号を検索するための正規表現パターンの例です。

"\\d{3}-\\d{4}-\\d{4}"

URLの検索

URLも一定のフォーマットに従っているため、正規表現を使って検索することができます。

以下は、URLを検索するための正規表現パターンの例です。

"https?://[a-zA-Z0-9.-]+\\.[a-zA-Z]{2,4}(/\\S*)?"

以上が、C言語で正規表現を使って文字列を検索する方法と、メールアドレス、電話番号、URLの検索の実例です。

正規表現を使うことで、特定のパターンに一致する文字列を効率的に検索することができます。

目次から探す