【C言語】文字列と数値を相互に変換し合う方法を解説

文字列から数値への変換には、atoi関数strtol関数sscanf関数を使用することができます。

この記事では、C言語において文字列と数値の相互変換方法を解説します。

目次から探す

文字列から数値への変換

文字列から数値への変換は、C言語プログラミングにおいてよく使用される処理です。

atoi関数を使った変換方法

atoi関数は、文字列を整数に変換するための関数です。

以下は、atoi関数を使用して文字列を整数に変換する例です。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
int main() {
    char str[] = "12345";
    int num = atoi(str);
    
    printf("変換結果: %d\n", num);
    
    return 0;
}
変換結果: 12345

strtol関数を使った変換方法

strtol関数は、文字列を長整数に変換するための関数です。

以下は、strtol関数を使用して文字列を長整数に変換する例です。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
int main() {
    char str[] = "12345";
    long num = strtol(str, NULL, 10);
    
    printf("変換結果: %ld\n", num);
    
    return 0;
}
変換結果: 12345

sscanf関数を使った変換方法

sscanf関数は、書式指定子を使用して文字列からデータを読み取るための関数です。

以下は、sscanf関数を使用して文字列を整数に変換する例です。

#include <stdio.h>
int main() {
    char str[] = "12345";
    int num;
    
    sscanf(str, "%d", &num);
    
    printf("変換結果: %d\n", num);
    
    return 0;
}
変換結果: 12345
1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す