【C言語】文字列の扱い方についてわかりやすく詳しく解説

この記事では、C言語で文字列を扱う基本的な方法や操作方法、変換やフォーマット、エスケープの方法、注意点、便利なライブラリについて解説しています。

初心者の方でもわかりやすく、C言語で文字列を効果的に扱うための知識を身につけることができます。

目次から探す

文字列の基本

プログラミングにおいて、文字列は非常に重要なデータ型です。

文字列は、複数の文字が連続して並んだものであり、テキストデータを扱う際に使用されます。

C言語では、文字列は文字の配列として表現されます。

文字列の定義方法

C言語では、文字列を定義するためには文字の配列を使用します。

以下のように、文字の配列を宣言し、文字列を代入することで文字列を定義することができます。


char str[10] = "Hello";

上記の例では、char型の配列strを宣言し、文字列"Hello"を代入しています。

配列のサイズは、文字列の長さに対応して適切に設定する必要があります。

また、文字列を定義する際には、文字列の終端を示す特殊な文字 \0 (ヌル文字)を必ず含める必要がありますが、"Hello"など文字列リテラルには、自動的に終端に\0が追加されるようになっています。

ヌル文字は、文字列の終端を示すために使用され、文字列の長さを取得する際にも重要な役割を果たします。

文字列の長さの取得

C言語では、文字列の長さを取得するためには、strlen関数を使用します。

strlen関数は、引数として与えられた文字列の長さを返します。

以下は、strlen関数を使用して文字列の長さを取得する例です。


#include <stdio.h>
#include <string.h>
int main() {
    char str[10] = "Hello";
    int length = strlen(str);
    
    printf("文字列の長さ: %d\n", length);
    
    return 0;
}

上記の例では、strlen関数を使用して文字列"Hello"の長さを取得し、その結果を変数lengthに代入しています。

最後に、printf関数を使用して文字列の長さを表示しています。

実行結果は以下のようになります。

文字列の長さ: 5

以上が、C言語における文字列の基本的な扱い方です。

文字列の定義方法や長さの取得方法を理解し、効果的に文字列を扱うことができるようにしましょう。

1 2 3 4 5

目次から探す