【c言語】最も基本的なhello worldプログラムを動かしてみる

この記事では、初めてのプログラミング言語であるC言語でHello Worldプログラムを作成する手順や意味、さらには改変や応用例について学ぶことができます。

初心者の方にとってわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次から探す

Hello Worldプログラムとは

Hello Worldプログラムとは、プログラミング言語を学ぶ際に最初に作成する基本的なプログラムのことです。

その名の通り、コンソールに Hello World という文字列を表示するプログラムです。

Hello Worldプログラムは、プログラミング言語の文法や基本的な構造を理解するための入門的なプログラムとしてよく使われます。

Hello Worldプログラムの意味

Hello Worldプログラムの意味は、プログラミング言語の基本的な構文や文法を学ぶための最初の一歩となるプログラムです。

プログラミング言語は、人間が理解できる自然言語とは異なる独自の文法やルールを持っています。

Hello Worldプログラムを作成することで、その言語の基本的な構文や文法を学ぶことができます。

Hello Worldプログラムは、プログラミング環境のセットアップやコンパイラの動作確認など、プログラミングの基本的な手順を学ぶための練習としても利用されます。

Hello Worldプログラムの作成手順

プログラムの作成

Hello Worldプログラムは非常にシンプルなプログラムです。

C言語では、以下のように記述することでHello Worldを表示することができます。


#include <stdio.h>
int main() {
    printf("Hello World!\n");
    return 0;
}

まず、#include <stdio.h>という行は、標準入出力を扱うためのヘッダーファイルを読み込んでいます。

このヘッダーファイルには、printf関数などが定義されています。

次に、int main()という行は、プログラムのエントリーポイントであるmain関数を定義しています。

C言語のプログラムは、必ずmain関数から実行されます。

printf("Hello World!\n");という行は、文字列を表示するためのprintf関数を呼び出しています。

"Hello World!\n"という文字列は、改行を含んだHello Worldのメッセージです。

最後に、return 0;という行は、プログラムの終了を示すための文です。

0を返すことで、正常終了を表します。

実行の方法

Hello Worldプログラムを実行するためには、以下の手順を実行します。

  1. 開発環境(paiza.ioなど)を用意します。
  2. 新しいファイルを作成し、先ほどのプログラムを入力します。
  3. プログラムを保存します。
  4. コンパイルを実行します。

最初は、PCに開発環境を構築せずにいきなりプログラミングができるpaiza.ioで試してみるのがおすすめです。

コンパイルに成功すると、実行ファイルが生成されます。

  1. 生成された実行ファイルを実行します。
  2. ターミナルやコンソール上に、Hello Worldのメッセージが表示されます。

以上の手順を実行することで、Hello Worldプログラムを作成し、実行することができます。

Hello Worldプログラムの応用

Hello Worldプログラムは、プログラミング初心者にとっては最初の一歩となる重要なプログラムです。

しかし、Hello Worldプログラムはただ単に Hello, World! と表示するだけではありません。

実は、このプログラムを改変することで、様々な応用が可能です。

ここでは、Hello Worldプログラムの改変例と応用例について紹介します。

Hello Worldプログラムの改変例

Hello Worldプログラムを改変することで、表示するメッセージや動作を変えることができます。

例えば、以下のような改変が考えられます。

1. 自分の名前を表示する


#include <stdio.h>
int main() {
    printf("Hello, [自分の名前]!\n");
    return 0;
}

上記のプログラムでは、”Hello, [自分の名前]!”と表示されます。

[自分の名前]の部分を自分の名前に置き換えてみましょう。

2. 複数のメッセージを表示する


#include <stdio.h>
int main() {
    printf("Hello, World!\n");
    printf("こんにちは、世界!\n");
    printf("Bonjour, le monde!\n");
    return 0;
}

上記のプログラムでは、3つの異なるメッセージが表示されます。

自分の好きなメッセージを追加してみましょう。

3. 数字を表示する


#include <stdio.h>
int main() {
    int number = 123;
    printf("The number is: %d\n", number);
    return 0;
}

上記のプログラムでは、変数numberに格納された数字が表示されます。

自分の好きな数字を代入してみましょう。

Hello Worldプログラムの応用例

Hello Worldプログラムは、単純な表示だけではなく、様々な応用が可能です。

以下にいくつかの応用例を紹介します。

1. 簡単な計算を行う


#include <stdio.h>
int main() {
    int num1 = 10;
    int num2 = 5;
    int sum = num1 + num2;
    printf("The sum of %d and %d is %d\n", num1, num2, sum);
    return 0;
}

上記のプログラムでは、変数num1num2の値を足し合わせて、その結果を表示しています。

自分の好きな計算を行ってみましょう。

2. 条件分岐を行う


#include <stdio.h>
int main() {
    int number = 10;
    if (number > 0) {
        printf("The number is positive\n");
    } else if (number < 0) {
        printf("The number is negative\n");
    } else {
        printf("The number is zero\n");
    }
    return 0;
}

上記のプログラムでは、変数numberの値によって条件分岐を行っています。

自分の好きな条件を設定してみましょう。

3. 繰り返し処理を行う


#include <stdio.h>
int main() {
    int i;
    for (i = 0; i < 5; i++) {
        printf("Hello, World! %d\n", i);
    }
    return 0;
}

上記のプログラムでは、forループを使用して5回繰り返し処理を行っています。

自分の好きな回数や処理を設定してみましょう。

以上、Hello Worldプログラムの改変例と応用例を紹介しました。

Hello Worldプログラムは、基本的なプログラミングの概念を学ぶための重要なスタート地点です。

ぜひ、自分なりのアレンジや応用を試してみてください。

目次から探す