【C言語】配列の要素数を取得する方法を解説

この記事では、C言語で配列の要素数を取得する方法について解説します。

sizeof演算子を使用する方法とループを使用する方法の2つの方法を紹介します。

目次から探す

配列の要素数を取得する方法

配列の要素数を取得する方法には、主に以下の2つの方法があります。

sizeof演算子を使用する方法

C言語では、sizeof演算子を使用することで、配列の要素数を取得することができます。

sizeof演算子は、指定したデータ型のメモリサイズをバイト単位で返す演算子です。

例えば、int型の配列arrがある場合、以下のようにsizeof演算子を使用して要素数を取得することができます。

int arr[] = {1, 2, 3, 4, 5};
int size = sizeof(arr) / sizeof(arr[0]);

上記のコードでは、配列arrのメモリサイズを要素のメモリサイズで割ることで、要素数を求めています。

sizeof演算子以外の方法

sizeof演算子以外の方法としては、ループを使用して要素数をカウントする方法があります。

int arr[] = {1, 2, 3, 4, 5};
int count = 0;
int i;
for (i = 0; arr[i] != '\0'; i++) {
    count++;
}

上記のコードでは、配列arrの要素を順番にチェックし、終端文字(‘\0’)が現れるまでループを繰り返し、要素数をカウントしています。

この方法は、配列の要素が終端文字で終わっている場合にのみ使用することができます。

以上が、C言語で配列の要素数を取得する方法です。

目次から探す