【Python】float型とint型で型変換する方法と注意点

この記事では、Pythonにおけるfloat型int型の相互変換方法と注意点について解説します。

目次から探す

float型からint型への変換方法

Pythonでは、float型からint型への変換が簡単に行えます。

以下では、いくつかの方法を紹介します。

int()関数を使った変換

int()関数を使うと、float型の値をint型に変換することができます。

以下は、int()関数を使った変換の例です。

num_float = 3.14
num_int = int(num_float)
print(num_int)
3

mathモジュールの関数を使った変換

mathモジュールには、float型からint型への変換を行うための関数がいくつか用意されています。

例えば、math.floor()関数を使うと、float型の値を切り捨ててint型に変換することができます。

以下は、math.floor()関数を使った変換の例です。

import math
num_float = 3.14
num_int = math.floor(num_float)
print(num_int)
3

切り捨て・切り上げ・四捨五入の方法

float型からint型への変換では、切り捨て・切り上げ・四捨五入の方法を使うこともできます。

以下は、それぞれの方法を使った変換の例です。

import math
num_float = 3.14
# 切り捨て
num_int = math.floor(num_float)
print(num_int)
# 切り上げ
num_int = math.ceil(num_float)
print(num_int)
# 四捨五入
num_int = round(num_float)
print(num_int)
3
4
3

以上が、float型からint型への変換方法のいくつかです。

適切な方法を選んで使いましょう。

注意点: float型からint型への変換では、小数点以下の情報が失われるため、注意が必要です。

また、変換後の値がどのようになるかを確認するために、適宜print文などを使って出力結果を確認しましょう。

int型からfloat型への変換方法

Pythonでは、int型からfloat型への変換は簡単に行うことができます。

以下では、2つの方法を紹介します。

float()関数を使った変換

int型の値をfloat型に変換するには、float()関数を使用します。

この関数は、引数として与えられた値をfloat型に変換して返します。

num = 10
float_num = float(num)
print(float_num)
10.0

上記の例では、numというint型の変数をfloat()関数float型に変換し、float_numという変数に代入しています。

その後、print()関数を使ってfloat_numの値を表示しています。

割り算を使った変換

int型の値をfloat型に変換する別の方法は、割り算を使用する方法です。

具体的には、int型の値を1.0で割ることでfloat型に変換することができます。

num = 20
float_num = num / 1.0
print(float_num)
20.0

上記の例では、numというint型の変数を1.0で割り、その結果をfloat_numという変数に代入しています。

その後、print()関数を使ってfloat_numの値を表示しています。

これらの方法を使うことで、int型からfloat型への変換が簡単に行えます。

型変換時の注意点

浮動小数点数は、実数を近似的に表現するため、その精度には限りがあります。

そのため、float型からint型への変換を行う際には、小数点以下の値が切り捨てられることに注意が必要です。

例えば、以下のようなコードを考えてみましょう。

num = 3.14
result = int(num)
print(result)
3

この場合、変数numには浮動小数点数の3.14が代入されています。

int()関数を使ってnumint型に変換し、変数resultに代入しています。

その後、resultを出力してみると、3という結果が得られます。

つまり、小数点以下の値が切り捨てられ、整数部分のみが残ることになります。

以上が、float型からint型、またはint型からfloat型への変換時の注意点です。

適切な型変換を行うためには、これらの注意点を理解し、プログラムの要件に合わせて適切な処理を行う必要があります。

目次から探す