【Python】経過時間を測定する方法

Pythonを使ってプログラムの処理時間を測定する方法を学びましょう。

経過時間を正確に計測するための手法を紹介します。

目次から探す

経過時間の測定方法

timeモジュールを使用した方法

Pythonのtimeモジュールを使用すると、現在の時刻や経過時間を簡単に取得することができます。

以下は、timeモジュールを使用して経過時間を測定するサンプルコードです。

import time

start_time = time.time()  # 開始時刻を取得
# ここで何らかの処理を行う
end_time = time.time()  # 終了時刻を取得

elapsed_time = end_time - start_time
print(f"経過時間: {elapsed_time}秒")
経過時間: 0.311秒

datetimeモジュールを使用した方法

Pythonのdatetimeモジュールを使用すると、日付や時刻の操作だけでなく、経過時間の計測も行うことができます。

以下は、datetimeモジュールを使用して経過時間を測定するサンプルコードです。

import datetime

start_time = datetime.datetime.now()  # 開始時刻を取得
# ここで何らかの処理を行う
end_time = datetime.datetime.now()  # 終了時刻を取得

elapsed_time = end_time - start_time
print(f"経過時間: {elapsed_time}")
経過時間: 0:00:12

perf_counter()関数を使用した方法

Pythonのtimeモジュールにあるperf_counter()関数は、高分解能の時刻を返すため、処理時間をより正確に測定することができます。

以下は、perf_counter()関数を使用して経過時間を測定するサンプルコードです。

import time

start_time = time.perf_counter()  # 開始時刻を取得
# ここで何らかの処理を行う
end_time = time.perf_counter()  # 終了時刻を取得

elapsed_time = end_time - start_time
print(f"経過時間: {elapsed_time}秒")
経過時間: 2.5900080800056458e-05秒

timeitモジュールを使用した方法

Pythonのtimeitモジュールを使用すると、複数回の処理を繰り返し実行して平均実行時間を測定することができます。

以下は、timeitモジュールを使用して経過時間を測定するサンプルコードです。

import timeit

code_to_measure = """
# ここに計測したいコードを記述
"""

execution_time = timeit.timeit(stmt=code_to_measure, number=100)
print(f"平均実行時間: {execution_time}秒")
平均実行時間: 0.0002554000820964575秒

これらの方法を使うことで、Pythonで簡単に経過時間を測定することができます。

目次から探す