【Python】floor関数を使わずに小数点以下を切り捨てる方法

この記事では、Pythonのfloor関数を使わずに小数点以下を切り捨てる方法を紹介します。

int関数やmathモジュールのtrunc関数など、さまざまな方法を使って、小数を整数に変換する方法を学びましょう。

目次から探す

floor関数とは

Pythonのmathモジュールに含まれるfloor関数は、与えられた数値を小数点以下を切り捨てた整数に変換する関数です。

例えば、math.floor(3.14)は3を返します。

import math

num = 3.14
result = math.floor(num)
print(result)  # Output: 3

float関数を使わずに小数点以下を切り捨てる

Pythonにはfloor関数以外にも小数点以下を切り捨てる方法がいくつかあります。

int関数を使う

int関数を使うと、与えられた数値の整数部分だけを取得することができます。

これにより、小数点以下を切り捨てる効果が得られます。

num = 3.14
result = int(num)
print(result)  # Output: 3

mathモジュールのtrunc関数を使う

mathモジュールにはtrunc関数があり、これを使うことで小数点以下を切り捨てた結果を得ることができます。

import math

num = 3.14
result = math.trunc(num)
print(result)  # Output: 3

整数部分を引く

小数点以下を切り捨てるために、数値からその数値の整数部分を引く方法もあります。

num = 3.14
result = num - (num % 1)
print(result)  # Output: 3.0

自作の関数を作る

自作の関数を使って小数点以下を切り捨てることもできます。

以下はその例です。

def truncate_decimal(num):
    return int(num)

num = 3.14
result = truncate_decimal(num)
print(result)  # Output: 3

これらの方法を使うことで、floor関数を使わずに小数点以下を切り捨てることができます。

終わりに

Pythonには様々な方法で数値を操作するための関数や演算子が用意されています。

小数点以下を切り捨てる際には、状況に応じて適切な方法を選択して利用することが重要です。

目次から探す