【Python】現在時刻を日本時間で取得する

この記事では、Pythonのプログラミング言語を使って、現在の日本時間を取得する方法を解説します。

標準ライブラリのdatetimeモジュールとサードパーティライブラリのpytzを使って、現在時刻を取得し、日本時間に変換する手順を紹介します。

初心者の方でもわかりやすく、具体的なサンプルコードと実行結果の例を交えて解説します。

目次から探す

標準ライブラリのdatetimeモジュールを使った方法

Pythonの標準ライブラリには、日付や時間を扱うためのdatetimeモジュールがあります。

このモジュールを使うことで、現在時刻を取得し、日本時間に変換することができます。

datetimeモジュールのインポート

まずは、datetimeモジュールをインポートしましょう。

以下のように、importキーワードを使ってdatetimeモジュールをインポートします。

import datetime

現在時刻の取得

datetimeモジュールを使って現在時刻を取得するには、datetime.now()メソッドを使います。

以下のように、datetime.now()を呼び出すことで、現在の日時を取得することができます。

now = datetime.datetime.now()

日本時間への変換

取得した現在時刻は、デフォルトではコンピュータの設定されているローカル時間で表示されます。

しかし、日本時間に変換するためには、タイムゾーンを設定する必要があります。

日本時間に変換するためには、pytzというサードパーティライブラリを使用する方法があります。

pytzを使うと、タイムゾーンを指定して日時を変換することができます。

import pytz
# 日本時間のタイムゾーンを取得
jst = pytz.timezone('Asia/Tokyo')
# 現在時刻を日本時間に変換
jst_now = now.astimezone(jst)

以上のように、datetimeモジュールを使って現在時刻を取得し、pytzを使って日本時間に変換することができます。

datetimeモジュールには、日付や時間の演算やフォーマットなど、さまざまな機能があります。

詳細な使い方については、公式ドキュメントを参照してください。

pytzライブラリは、pipコマンドを使ってインストールする必要があります。

インストール方法やタイムゾーンの指定方法については、公式ドキュメントを参照してください。

サードパーティライブラリのpytzを使った方法

Pythonの標準ライブラリであるdatetimeモジュールを使っても、現在時刻を取得することはできますが、タイムゾーンの変換は行えません。

そのため、タイムゾーンの変換が必要な場合には、サードパーティライブラリのpytzを使用することが一般的です。

pytzのインストール

まずは、pytzをインストールする必要があります。

pipを使ってインストールすることができます。

以下のコマンドを実行してください。

pip install pytz

pytzを使った日本時間への変換

pytzを使って現在時刻を日本時間に変換する方法を説明します。

まずは、pytzモジュールをインポートします。

import pytz

次に、現在時刻を取得します。

from datetime import datetime
now = datetime.now()

日本時間に変換するために、pytzのタイムゾーンオブジェクトを作成します。

jst = pytz.timezone('Asia/Tokyo')

そして、現在時刻を日本時間に変換します。

jst_now = now.astimezone(jst)

これで、jst_nowには現在の日本時間が格納されています。

以下は、サンプルコードの例です。

import pytz
from datetime import datetime
# 現在時刻を取得
now = datetime.now()
# 日本時間に変換するためのタイムゾーンオブジェクトを作成
jst = pytz.timezone('Asia/Tokyo')
# 現在時刻を日本時間に変換
jst_now = now.astimezone(jst)
# 結果を表示
print("現在の日本時間:", jst_now)

実行結果は以下のようになります。

現在の日本時間: 2022-01-01 12:34:56+09:00

以上が、pytzを使った日本時間への変換の方法です。

pytzを使うことで、タイムゾーンの変換を簡単に行うことができます。

目次から探す