【Python】現在時刻を表示させる方法

この記事では、Pythonのdatetimeモジュールとtimeモジュールを使って現在時刻を表示する方法を解説します。

現在時刻の取得方法やフォーマット指定方法を学ぶことができます。

プログラミング初心者の方にもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

datetimeモジュールを使った現在時刻の表示方法

Pythonのdatetimeモジュールを使用すると、現在の時刻を取得して表示することができます。

以下では、datetimeモジュールを使った現在時刻の表示方法について解説します。

datetimeモジュールのインポート

まず、datetimeモジュールを使用するためには、以下のようにモジュールをインポートする必要があります。

import datetime

現在時刻の取得方法

datetimeモジュールを使って現在時刻を取得するには、datetime.now()メソッドを使用します。

以下のようにコードを記述することで、現在時刻を取得することができます。

current_time = datetime.datetime.now()

現在時刻のフォーマット指定方法

取得した現在時刻を特定のフォーマットで表示したい場合は、strftime()メソッドを使用します。

strftime()メソッドは、指定したフォーマットに従って日付や時刻を文字列として返します。

以下は、現在時刻を「年-月-日 時:分:秒」の形式で表示する例です。

formatted_time = current_time.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S")

このようにすることで、formatted_time変数には指定したフォーマットで整形された現在時刻が格納されます。

以上が、datetimeモジュールを使った現在時刻の表示方法です。

次に、timeモジュールを使った現在時刻の表示方法についても解説します。

timeモジュールを使った現在時刻の表示方法

Pythonのtimeモジュールを使用すると、現在の時刻を取得して表示することができます。

以下では、timeモジュールを使った現在時刻の表示方法について解説します。

timeモジュールのインポート

まず、timeモジュールを使用するためには、以下のようにインポートします。

import time

現在時刻の取得方法

timeモジュールを使って現在時刻を取得するには、timeモジュールのtime()関数を使用します。

この関数は、1970年1月1日午前0時からの経過秒数を返します。

current_time = time.time()

現在時刻のフォーマット指定方法

取得した現在時刻を特定のフォーマットで表示するには、time.strftime()関数を使用します。

この関数は、指定したフォーマットに従って時刻を文字列に変換します。

formatted_time = time.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S", time.localtime(current_time))

上記の例では、%Y%m%d %H:%M:%Sというフォーマットを指定しています。

このフォーマットでは、年月日と時分秒がそれぞれ4桁、2桁、2桁の数字で表示されます。

以下は、timeモジュールを使って現在時刻を取得し、指定したフォーマットで表示するサンプルコードです。

import time
current_time = time.time()
formatted_time = time.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S", time.localtime(current_time))
print("現在時刻:", formatted_time)

実行結果は以下のようになります。

現在時刻: 2022-01-01 12:34:56

以上が、timeモジュールを使った現在時刻の表示方法です。

timeモジュールを活用して、自分のプログラムに現在時刻を表示させることができます。

目次から探す