【C言語】文字列を変数で扱う方法

この記事では、C言語で文字列を変数として扱う方法について解説します。

変数の宣言や初期化、画面への表示方法から始め、文字列の結合や比較、コピー、長さの取得など、文字列変数の操作方法をわかりやすく説明します。

目次から探す

文字列変数の扱い方

C言語では、文字列を変数として扱うことができます。

文字列変数を宣言し、初期化し、画面に表示する方法について説明します。

変数の宣言

文字列を扱うためには、まず変数を宣言する必要があります。

C言語では、文字列を格納するための配列を使用します。

以下のように、文字列変数を宣言します。

char str[100];

上記の例では、strという名前の文字列変数を宣言しています。

配列のサイズは100としていますが、必要に応じて適切なサイズを指定してください。

初期化

文字列変数を宣言した後、初期化することができます。

初期化とは、変数に初期値を代入することです。

文字列変数を初期化するには、以下のように初期値を代入します。

char str[100] = "Hello, World!";

上記の例では、strという文字列変数を宣言し、初期値として Hello, World! を代入しています。

画面に表示

文字列変数を画面に表示するには、printf関数を使用します。

以下のように、printf関数を使って文字列変数を表示します。

char str[100] = "Hello, World!";
printf("%s", str);

上記の例では、strという文字列変数を宣言し、初期値として Hello, World! を代入しています。

そして、printf関数を使ってstrを表示しています。

%sは、文字列を表示するためのフォーマット指定子です。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す