【C言語】変数名にアンダーバーは使用できる?できない?

この記事では、C言語における変数名の基本ルールと、変数名にアンダーバーを使用する方法について解説します。

目次から探す

C言語における変数名の基本ルール

C言語では、変数名を適切に命名することが重要です。

変数名はプログラムの可読性や保守性に影響を与えるため、適切な命名規則を守る必要があります。

変数名の構成要素

C言語における変数名は、以下の要素から構成されます。

  • 英字(大文字または小文字)
  • 数字(0から9)
  • アンダーバー(_)

変数名は、これらの要素を組み合わせて作成します。

変数名の命名規則

C言語における変数名の命名規則は以下のようになっています。

  • 変数名はアルファベットで始める必要があります。
  • 大文字と小文字は区別されます。
  • 変数名は意味のある名前にすることが望ましいです。
  • 変数名は長すぎず、わかりやすい名前にすることが望ましいです。

アンダーバーは使用できる

C言語では、変数名にアンダーバーを使用することができます。

アンダーバーは変数名の一部として使用することができ、可読性を向上させるために使われることもあります。

例えば、以下のような変数名にアンダーバーを使用することができます。

int my_variable;
float average_value;

アンダーバーを使用することで、変数名が複数の単語で構成される場合に、単語間の区切りを明確にすることができます。

ただし、変数名の先頭にアンダーバーを使用することは避けるべきです。

アンダーバーで始まる変数名は、一部のシステムやライブラリで予約されていることがあります。

アンダーバーの使用例

グローバル変数の命名におけるアンダーバーの使用例

C言語では、グローバル変数とは、関数の外部で宣言された変数のことを指します。

グローバル変数は、プログラムのどの場所からでもアクセスすることができます。

アンダーバーは、グローバル変数の命名において一般的に使用される記号です。

アンダーバーを使うことで、変数名の可読性を向上させることができます。

以下は、アンダーバーを使用したグローバル変数の命名の例です。

int global_variable;
int global_variable_2;

上記の例では、global_variableglobal_variable_2という2つのグローバル変数が定義されています。

アンダーバーを使用することで、変数名が複数の単語で構成されている場合でも、各単語を区別しやすくなります。

ローカル変数の命名におけるアンダーバーの使用例

C言語では、ローカル変数とは、関数内で宣言された変数のことを指します。

ローカル変数は、その関数内でのみアクセスすることができます。

ローカル変数の命名においても、アンダーバーは一般的に使用されます。

アンダーバーを使うことで、変数名の可読性を向上させることができます。

以下は、アンダーバーを使用したローカル変数の命名の例です。

void example_function() {
    int local_variable;
    int local_variable_2;
    // ローカル変数の処理
}

上記の例では、local_variablelocal_variable_2という2つのローカル変数が関数内で定義されています。

アンダーバーを使用することで、変数名が複数の単語で構成されている場合でも、各単語を区別しやすくなります。

アンダーバーの使用は、変数名の可読性を向上させるための一つの手段です。

しかし、適切な命名規則を守り、コードの可読性を高めることが重要です。

目次から探す