【C言語】ポインタをグローバル変数として扱う

この記事では、C言語においてポインタをグローバル変数として扱う方法と、その際の注意点について解説します。

ポインタをグローバル変数として宣言する方法や利用例を通じて、異なる関数間でデータを共有する方法を学ぶことができます。

また、ポインタの初期化や解放、スコープとライフタイムについても解説していきます。

目次から探す

ポインタをグローバル変数として扱う方法

ポインタをグローバル変数として扱うことは、C言語プログラミングにおいて一般的な手法です。

ポインタをグローバル変数として宣言することで、異なる関数間でデータを共有することができます。

以下では、ポインタをグローバル変数として扱う方法について解説します。

ポインタをグローバル変数として宣言する方法

ポインタをグローバル変数として宣言するには、通常の変数宣言と同様に、データ型の前に*を付けて宣言します。

以下は、int型のポインタをグローバル変数として宣言する例です。

int *globalPtr;  // int型のポインタをグローバル変数として宣言

このように宣言することで、globalPtrという名前のグローバル変数が作成されます。

この変数は、どの関数からでもアクセス可能です。

グローバル変数としてのポインタの利用例

ポインタをグローバル変数として利用することで、異なる関数間でデータを共有することができます。

以下は、ポインタをグローバル変数として利用する例です。

#include <stdio.h>
int *globalPtr;  // int型のポインタをグローバル変数として宣言
void setValue(int value) {
    *globalPtr = value;  // グローバル変数のポインタに値を代入
}
void printValue() {
    printf("Value: %d\n", *globalPtr);  // グローバル変数のポインタの値を表示
}
int main() {
    int num = 10;
    globalPtr = &num;  // グローバル変数のポインタにローカル変数のアドレスを代入
    setValue(20);  // グローバル変数のポインタに値を代入する関数を呼び出し
    printValue();  // グローバル変数のポインタの値を表示する関数を呼び出し
    return 0;
}

上記の例では、setValue関数でグローバル変数のポインタに値を代入し、printValue関数でその値を表示しています。

main関数内で、ローカル変数numのアドレスをグローバル変数のポインタに代入しています。

これにより、setValue関数内での値の変更がprintValue関数でも反映されることが確認できます。

ポインタをグローバル変数として利用することで、関数間でデータを共有する際に便利な手法ですが、注意が必要です。

ポインタのスコープやライフタイムについて理解し、適切に利用するようにしましょう。

※ ポインタをグローバル変数として扱う際には、他の関数からのアクセスによる競合状態に注意が必要です。

複数の関数が同時にグローバル変数のポインタを変更する場合、予期しない結果が生じる可能性があります。

また、ポインタの解放や初期化も適切に行う必要があります。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す