【C言語】時間を計測するtime関数とclock関数の違い

この記事では、C言語のtime関数clock関数について解説します。

time関数は現在の時刻を取得するために使用され、clock関数はプログラムの実行時間を計測するために使用されます。

また、両者の違いや使用シーンについても紹介します。

初心者の方でもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

time関数について

time関数の定義

time関数は、C言語の標準ライブラリで提供されている関数の一つです。

この関数は、現在の時刻を表す「time_t型」の値を返します。

time関数の定義は以下の通りです。

time_t time(time_t *timer);

time関数の使用方法

time関数を使用すると、現在の時刻を取得することができます。

以下に、time関数の使用例を示します。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main() {
    time_t currentTime;
    time(&currentTime);
    printf("現在の時刻: %ld\n", currentTime);
    return 0;
}

上記のプログラムを実行すると、現在の時刻が表示されます。

time関数は、1970年1月1日午前0時からの経過秒数を返すため、表示される値は整数型の数値となります。

なお、time関数の引数には、NULLを指定することもできます。

この場合、現在の時刻を取得するための変数を用意する必要はありません。

ただし、戻り値として時刻の値が返されるため、その値を利用する場合は変数を用意する必要があります。

以上が、time関数の定義と使用方法についての説明です。

time関数を使用することで、現在の時刻を取得することができます。

clock関数について

clock関数の定義

clock関数は、プログラムの実行時間を計測するために使用される関数です。

この関数は、プログラムの開始からの経過時間をクロック単位で返します。

クロック単位は、プロセッサが1秒間に行うクロック数を表します。

clock関数の使用方法

clock関数を使用するには、<time.h>ヘッダーファイルをインクルードする必要があります。

以下に、clock関数の基本的な使用方法を示します。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main() {
    clock_t start, end;
    double cpu_time_used;
    start = clock(); // 開始時間を記録
    // 実行したい処理を記述
    end = clock(); // 終了時間を記録
    cpu_time_used = ((double) (end - start)) / CLOCKS_PER_SEC; // 実行時間を計算
    printf("実行時間: %f秒\n", cpu_time_used);
    return 0;
}

上記の例では、clock関数を使用してプログラムの実行時間を計測しています。

まず、clock_t型変数startとendを宣言し、clock関数を使用して開始時間と終了時間を記録します。

その後、実行したい処理を記述し、再度clock関数を使用して終了時間を記録します。

最後に、実行時間を計算して表示します。

なお、実行時間はクロック単位で返されるため、秒単位に変換する必要があります。

上記の例では、CLOCKS_PER_SECを使用してクロック単位を秒単位に変換しています。

以上がclock関数の基本的な使用方法です。

プログラムの実行時間を計測する際には、clock関数を活用して効率的なプログラムを作成しましょう。

time関数とclock関数の違い

C言語には、時間を計測するための関数としてtime関数clock関数があります。

この記事では、time関数clock関数の違いについて解説します。

処理速度の計測

まず、time関数clock関数の違いとして、処理速度の計測方法が挙げられます。

time関数は、プログラムの実行にかかった時間を計測するための関数です。

time関数は、プログラムの開始時点と終了時点の時間を取得し、その差分を計算して処理時間を求めます。

具体的な使用方法は以下の通りです。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main() {
    time_t start, end;
    double elapsed_time;
    start = time(NULL); // 開始時点の時間を取得
    // 処理を記述
    end = time(NULL); // 終了時点の時間を取得
    elapsed_time = difftime(end, start); // 処理時間を計算
    printf("処理時間: %.2f秒\n", elapsed_time);
    return 0;
}

一方、clock関数は、プログラムの実行にかかったCPU時間を計測するための関数です。

clock関数は、プログラムの開始時点からの経過時間をクロック単位で取得します。

具体的な使用方法は以下の通りです。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main() {
    clock_t start, end;
    double elapsed_time;
    start = clock(); // 開始時点のクロック単位の時間を取得
    // 処理を記述
    end = clock(); // 終了時点のクロック単位の時間を取得
    elapsed_time = (double)(end - start) / CLOCKS_PER_SEC; // 処理時間を計算
    printf("処理時間: %.2f秒\n", elapsed_time);
    return 0;
}

精度の違い

time関数clock関数のもう一つの違いは、精度です。

time関数は、秒単位の精度で時間を計測します。

一方、clock関数は、クロック単位の精度で時間を計測します。

クロック単位は、プロセッサのクロック周波数に依存するため、より高い精度で時間を計測することができます。

ただし、clock関数の精度はプロセッサによって異なるため、注意が必要です。

また、clock関数はCPU時間を計測するため、他のプロセスの影響を受ける可能性があります。

使用シーンの違い

time関数clock関数は、それぞれ異なる使用シーンがあります。

time関数は、プログラムの実行時間を計測する際に使用されます。

処理時間の長さを把握することで、プログラムの最適化やパフォーマンス改善のための情報を得ることができます。

一方、clock関数は、プログラムのCPU使用時間を計測する際に使用されます。

特定の処理がどれだけCPUを使用しているかを把握することで、プログラムの負荷や効率性を評価することができます。

以上が、time関数clock関数の違いについての解説です。

適切な関数を選択して、プログラムの時間計測に活用してください。

目次から探す