【C言語】時間の差分を計算して時刻の差を求める方法

この記事では、C言語を使用して時間の差分を計算する方法について解説します。

具体的には、秒単位、分単位、時間単位での差分計算方法を紹介します。

プログラミング初心者の方でも理解しやすいように、具体的なサンプルコードを交えて説明します。

時間の差分を計算する際に役立つ知識を身につけましょう。

目次から探す

時間の差分を計算する方法

時間の差分を計算する方法について説明します。

時間の差分計算は、プログラムで時刻の差を求める際によく使用されます。

時間の差分計算の基本

時間の差分計算の基本的な考え方は、2つの時刻の差を求めることです。

具体的には、2つの時刻の間の経過時間を計算します。

具体的な計算方法

時間の差分を秒単位で計算する

まず、時間の差分を秒単位で計算する方法について説明します。

以下のサンプルコードをご覧ください。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main() {
    time_t start_time, end_time;
    double diff;
    // 開始時刻を取得
    start_time = time(NULL);
    // 何らかの処理
    // 終了時刻を取得
    end_time = time(NULL);
    // 時間の差分を計算
    diff = difftime(end_time, start_time);
    printf("経過時間: %.2f秒\n", diff);
    return 0;
}

このサンプルコードでは、time()関数を使用して現在の時刻を取得し、difftime()関数を使用して2つの時刻の差分を計算しています。

計算結果は秒単位で表示されます。

時間の差分を分単位で計算する

次に、時間の差分を分単位で計算する方法について説明します。

以下のサンプルコードをご覧ください。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main() {
    time_t start_time, end_time;
    double diff;
    // 開始時刻を取得
    start_time = time(NULL);
    // 何らかの処理
    // 終了時刻を取得
    end_time = time(NULL);
    // 時間の差分を計算
    diff = difftime(end_time, start_time) / 60;
    printf("経過時間: %.2f分\n", diff);
    return 0;
}

このサンプルコードでは、difftime()関数で計算した差分を60で割ることで、分単位の差分を求めています。

時間の差分を時間単位で計算する

最後に、時間の差分を時間単位で計算する方法について説明します。

以下のサンプルコードをご覧ください。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main() {
    time_t start_time, end_time;
    double diff;
    // 開始時刻を取得
    start_time = time(NULL);
    // 何らかの処理
    // 終了時刻を取得
    end_time = time(NULL);
    // 時間の差分を計算
    diff = difftime(end_time, start_time) / 3600;
    printf("経過時間: %.2f時間\n", diff);
    return 0;
}

このサンプルコードでは、difftime()関数で計算した差分を3600で割ることで、時間単位の差分を求めています。

以上が、時間の差分を計算する方法の基本的な説明と具体的な計算方法です。

適宜、自分のプログラムに組み込んで使ってみてください。

目次から探す