【C言語】任意の値を引数として渡す方法を解説

この記事では、C言語における引数の概念と、値渡し、参照渡し、ポインタ渡し、配列の引数、文字列の引数、構造体の引数、可変長引数といった引数の種類について解説します。

目次から探す

引数とは

プログラミングにおいて、関数に渡す値のことを引数と呼びます。

引数は関数の実行に必要な情報を渡すために使用されます。

引数を使うことで、関数は外部からのデータを受け取り、それを処理することができます。

引数の概要

引数は、関数の宣言や定義の中で指定されます。

関数が呼び出される際には、引数に対応する値を渡す必要があります。

引数は関数内で使用される変数として扱われ、関数の処理においてその値を利用することができます。

引数の種類

C言語には、以下のような引数の種類があります。

値渡し(Call by Value)

引数の値をコピーして関数に渡す方法です。

関数内で引数の値を変更しても、元の値には影響を与えません。

参照渡し(Call by Reference)

引数のアドレスを渡して関数に渡す方法です。

関数内で引数の値を変更すると、元の変数にも変更が反映されます。

ポインタ渡し(Pass by Pointer)

引数のポインタを渡して関数に渡す方法です。

参照渡しと同様に、関数内で引数の値を変更すると、元の変数にも変更が反映されます。

配列の引数

配列を引数として渡す方法です。

配列はポインタとして扱われるため、ポインタ渡しと同様の特性を持ちます。

文字列の引数

文字列を引数として渡す方法です。

文字列は配列として扱われるため、配列の引数と同様の特性を持ちます。

構造体の引数

構造体を引数として渡す方法です。

構造体は複数のデータをまとめて扱うため、関数に渡す際に便利です。

引数の種類によって、関数の使い方や値の受け渡しの方法が異なるため、適切な引数の種類を選ぶことが重要です。

引数の種類について詳しく解説するためには、それぞれの種類についての説明やサンプルコードを示す必要があります。

ただし、本文の長さの制約があるため、詳細な解説は省略します。

1 2 3
この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す