【Python】ファイル名に今日の日付を含める方法

この記事では、Pythonを使用してファイル名に現在の日付を含める方法を学びます。

さらに、ファイル名に日付を含める際の注意点についても解説します。

Python初心者の方でも分かりやすく、日付のフォーマット指定や取得方法の選択肢について理解できる内容です。

目次から探す

Pythonでファイル名に日付を含める方法

Pythonを使用してファイル名に現在の日付を含める方法は、日付を取得し、それをファイル名に組み込むことで実現できます。

Pythonには標準ライブラリのdatetimeモジュールを使用して日付を取得する方法が用意されています。

以下に、具体的な手順を示します。

まず、datetimeモジュールをインポートします。

import datetime

次に、現在の日付を取得します。

today = datetime.date.today()

取得した日付をファイル名に組み込むために、ファイル名の一部として使用します。

file_name = f"file_{today}.txt"

このようにすることで、ファイル名に現在の日付が含まれるようになります。

例えば、今日が2022年10月1日の場合、ファイル名はfile_2022-10-01.txtとなります。

以上がPythonを使用してファイル名に現在の日付を含める方法です。

この方法を活用することで、日付を動的にファイル名に組み込むことができます。

ファイル名に日付を含める際の注意点

ファイル名に日付を含める際にはいくつかの注意点があります。

まず、日付のフォーマットを適切に指定することが重要です。

ファイル名は一部の記号が使えないため、使用できない記号を含めてファイル名の文字列を作成し、その文字列でファイルの作成やファイル名の更新を行うとエラーになります。

例えば、Windowsでは「”」「<」「>」「|」「:」「*」「?」 「\」「/」といった文字を使用することができません。

日付や時間の表示で使用することがある:/が対象外であるため、注意しましょう。

目次から探す