【Python】jsonの読み込みで文字コードを指定する方法

この記事では、PythonでJSONデータを読み込む方法と、文字コードを指定する方法について解説します。

JSONデータの読み込みには、標準のjsonモジュールcodecsモジュールioモジュールを使用することができます。

また、文字コードの指定方法として、デフォルトの文字コード、指定した文字コード、自動判別を行う方法を紹介します。

初心者の方でもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次から探す

jsonの読み込み方法

JSON(JavaScript Object Notation)は、データのやり取りに広く使用される軽量なデータ形式です。

Pythonでは、標準のjsonモジュールを使用してJSONデータを読み込むことができます。

また、codecsモジュールioモジュールを使用することでもJSONデータを読み込むことができます。

標準のjsonモジュールを使用する方法

Pythonの標準ライブラリには、jsonモジュールが含まれており、これを使用することで簡単にJSONデータを読み込むことができます。

import json

# JSONデータの読み込み
with open('data.json', 'r') as f:
    data = json.load(f)

# 読み込んだデータの表示
print(data)

上記の例では、data.jsonというファイルからJSONデータを読み込んでいます。

json.load()関数を使用することで、ファイルからJSONデータを読み込むことができます。

読み込んだデータは、辞書やリストのようなPythonのデータ構造として扱うことができます。

codecsモジュールを使用する方法

codecsモジュールを使用することで、JSONデータの読み込み時に文字コードを指定することができます。

import codecs
import json

# JSONデータの読み込み(文字コード指定あり)
with codecs.open('data.json', 'r', encoding='utf-8') as f:
    data = json.load(f)

# 読み込んだデータの表示
print(data)

上記の例では、data.jsonというファイルからUTF-8でエンコードされたJSONデータを読み込んでいます。

codecs.open()関数を使用することで、ファイルを指定した文字コードで開くことができます。

ioモジュールを使用する方法

ioモジュールを使用することで、ファイルの読み込み時にエンコーディングを指定することができます。

import io
import json

# JSONデータの読み込み(エンコーディング指定あり)
with io.open('data.json', 'r', encoding='utf-8') as f:
    data = json.load(f)

# 読み込んだデータの表示
print(data)

上記の例では、data.jsonというファイルからUTF-8でエンコードされたJSONデータを読み込んでいます。

io.open()関数を使用することで、ファイルを指定したエンコーディングで開くことができます。

これらの方法を使用することで、PythonでJSONデータを読み込む際に文字コードを指定することができます。

適切な文字コードを指定することで、正しくデータを読み込むことができます。

文字コードの指定方法

デフォルトの文字コードを使用する方法

Pythonのjsonモジュールでは、デフォルトでUTF-8の文字コードが使用されます。

つまり、特に指定しない場合はUTF-8でエンコードされたJSONファイルを読み込むことができます。

以下は、デフォルトの文字コードを使用してJSONファイルを読み込む例です。

import json

# JSONファイルの読み込み
with open('data.json', 'r') as f:
    data = json.load(f)

# 読み込んだデータの表示
print(data)

文字コードを指定して読み込む方法

もし、JSONファイルの文字コードがUTF-8以外の場合、文字コードを指定して読み込む必要があります。

その場合は、codecsモジュールを使用します。

以下は、文字コードを指定してJSONファイルを読み込む例です。

import json
import codecs

# JSONファイルの読み込み
with codecs.open('data.json', 'r', encoding='Shift_JIS') as f:
    data = json.load(f)

# 読み込んだデータの表示
print(data)

上記の例では、encodingパラメータにShift_JISを指定しています。

読み込むJSONファイルの文字コードに合わせて、適切な文字コードを指定してください。

文字コードの自動判別を行う方法

もし、JSONファイルの文字コードが不明な場合、文字コードの自動判別を行うこともできます。

その場合は、chardetモジュールを使用します。

chardetモジュールを使用するためには、事前にpip install chardetコマンドでモジュールをインストールしておく必要があります。

以下は、文字コードの自動判別を行ってJSONファイルを読み込む例です。

import json
import codecs
import chardet

# JSONファイルの文字コードを自動判別
with open('data.json', 'rb') as f:
    result = chardet.detect(f.read())
    encoding = result['encoding']

# 文字コードを指定してJSONファイルを読み込む
with codecs.open('data.json', 'r', encoding=encoding) as f:
    data = json.load(f)

# 読み込んだデータの表示
print(data)

上記の例では、chardet.detect()関数を使用してJSONファイルの文字コードを自動的に判別し、その結果をencoding変数に格納しています。

その後、encodingを指定してJSONファイルを読み込んでいます。

目次から探す