【Python】iniファイルからリストを取得する方法

この記事では、Pythonでiniファイルを扱う方法について解説します。

iniファイルの読み込みやセクション・オプションの取得方法を学ぶことができます。

目次から探す

Pythonでiniファイルを扱う方法

はじめに、Pythonでiniファイルを扱う方法について解説します。

configparserモジュールのインポート

Pythonでは、iniファイルを扱うためにconfigparserモジュールを使用します。

まずは、configparserモジュールをインポートします。

import configparser

iniファイルの読み込み

iniファイルを読み込むためには、configparserモジュールConfigParserクラスを使用します。

ConfigParserクラスのインスタンスを作成し、read()メソッドでiniファイルを読み込みます。

config = configparser.ConfigParser()
config.read('sample.ini')

セクションの取得

iniファイルはセクションとオプションの組み合わせで構成されています。

セクションは[セクション名]の形式で表されます。

configparserモジュールを使用すると、セクション名を指定してセクションを取得することができます。

section = config['SectionName']

SectionNameは取得したいセクションの名前を指定してください。

オプションの取得

セクションを取得した後は、そのセクション内のオプションを取得することができます。

オプションはセクション内のキーと値の組み合わせです。

configparserモジュールを使用すると、オプション名を指定してオプションの値を取得することができます。

option_value = section['OptionName']

OptionNameは取得したいオプションの名前を指定してください。

オプションの値をリストとして取得する方法

iniファイルのオプションの値が複数の場合、それをリストとして取得する方法を紹介します。

configparserモジュールget()メソッドを使用すると、オプションの値をリストとして取得することができます。

option_values = section.get('OptionName', fallback=None)

OptionNameは取得したいオプションの名前を指定してください。

以上がPythonでiniファイルを扱う方法です。

configparserモジュールを使用することで、簡単にiniファイルの読み込みやセクション・オプションの取得ができます。

是非、実際に試してみてください。

目次から探す