【Python】importのやり方

この記事では、Pythonのimport文について解説します。

import文の基本的な書き方や、モジュールやパッケージのimport方法、エイリアスの使い方などを学ぶことができます。

Pythonプログラミングを始めたばかりの方にとって、import文は非常に重要な概念ですので、ぜひ読んでみてください。

目次から探す

Pythonのimport文とは

Pythonのimport文は、外部のモジュールやパッケージを自分のプログラムに取り込むための文法です。

他のプログラムやライブラリで作成された便利な機能を利用するためには、import文を使用してそれらのモジュールやパッケージをインポートする必要があります。

import文の基本的な書き方

Pythonのimport文は、以下のような形式で書かれます。

import モジュール名

または、複数のモジュールを一度にインポートする場合は、以下のようにカンマで区切って書きます。

import モジュール名1, モジュール名2, モジュール名3

モジュールのimport

標準ライブラリのimport

Pythonには、標準で提供されている便利な機能が含まれている標準ライブラリがあります。

これらの標準ライブラリのモジュールを使用するには、import文を使ってインポートする必要があります。

例えば、数学関連の機能を提供するmathモジュールをインポートする場合は、以下のように書きます。

import math

サードパーティライブラリのimport

Pythonの標準ライブラリ以外にも、多くのサードパーティライブラリが存在します。

これらのライブラリは、Pythonの標準ライブラリとは別にインストールする必要があります。

サードパーティライブラリのモジュールを使用するには、まずライブラリをインストールし、その後にimport文を使ってモジュールをインポートします。

例えば、データ解析に便利なpandasライブラリDataFrameクラスを使用する場合は、以下のように書きます。

import pandas as pd

パッケージのimport

パッケージの階層構造

Pythonでは、複数のモジュールをまとめたパッケージを作成することができます。

パッケージは、階層構造を持つことができ、複数のモジュールをサブディレクトリにまとめることができます。

パッケージの階層構造は、ドット(.)で区切って表現されます。

パッケージのimport方法

パッケージをインポートする方法は、モジュールのimportと同様です。

ただし、パッケージ名を指定するだけではなく、パッケージ内のモジュールやサブパッケージも指定する必要があります。

例えば、パッケージ名がmypackageで、その中にmodule1というモジュールがあり、さらにsubpackageというサブパッケージがある場合、以下のように書きます。

import mypackage.module1
import mypackage.subpackage

import文のエイリアス

import文を使ってモジュールやパッケージをインポートする際、長い名前を短くするためにエイリアスを使用することができます。

エイリアスは、asキーワードを使って指定します。

例えば、numpyモジュールをnpという名前でインポートする場合は、以下のように書きます。

import numpy as np

特定の要素のみをimportする方法

モジュールやパッケージをインポートする際、特定の要素のみを使用する場合は、fromキーワードを使って指定することができます。

例えば、mathモジュールsqrt関数のみを使用する場合は、以下のように書きます。

from math import sqrt

または、複数の要素を一度にインポートする場合は、カンマで区切って指定します。

from math import sqrt, pow, sin

import文のベストプラクティス

  • import文は、プログラムの先頭に記述するのが一般的です。
  • import文は、モジュールやパッケージの使用箇所の直前に記述することもあります。
  • import文は、一度に複数のモジュールをインポートする場合でも、1行に1つのモジュールを記述するのが一般的です。
  • import文は、コードの可読性を高めるために、適切なエイリアスを使用することが推奨されます。
  • import文は、必要なモジュールやパッケージのみをインポートするようにし、不要なものは省略することが望ましいです。

Pythonのimport文については、公式ドキュメントやオンラインのリソースを参考にするとより詳細な情報を得ることができます。

目次から探す