【Python】自作モジュールをimportする方法

この記事では、Pythonの自作モジュールを作成し、他のプログラムから利用する方法について解説します。

自作モジュールの作成方法やimport方法、さらにはモジュールの再読み込み方法まで、初心者の方でも理解しやすく説明します。

目次から探す

Pythonのモジュールとは

Pythonのモジュールとは、関数やクラスなどの再利用可能なコードの集まりです。

モジュールを使用することで、同じコードを繰り返し書く必要がなくなり、効率的なプログラミングが可能になります。

自作モジュールの作成方法

自作モジュールを作成するには、以下の手順を実行します。

モジュールファイルの作成

まず、自作モジュールを保存するためのファイルを作成します。

拡張子は.pyを使用します。

モジュールの関数やクラスの定義

作成したモジュールファイルに、関数やクラスを定義します。

関数やクラスの中には、他のモジュールから呼び出すことができるようにするために、return文classキーワードを使用します。

モジュールの保存場所

自作モジュールを保存する場所は、Pythonのモジュール検索パスに含まれている必要があります。

通常、モジュールファイルをプロジェクトのルートディレクトリやPythonの標準ライブラリのディレクトリ内に保存します。

自作モジュールのimport方法

自作モジュールを他のPythonファイルから使用するには、以下の方法を使用します。

モジュール全体をimportする方法

自作モジュール全体をimportするには、importキーワードを使用します。

例えば、import mymoduleとすることで、mymoduleという名前のモジュールを使用することができます。

モジュール内の特定の関数やクラスをimportする方法

自作モジュール内の特定の関数やクラスのみをimportするには、fromキーワードを使用します。

例えば、from mymodule import myfunctionとすることで、mymoduleモジュール内のmyfunctionという関数を使用することができます。

モジュールに別名をつけてimportする方法

自作モジュールに別名をつけてimportするには、importキーワードの後にasキーワードを使用します。

例えば、import mymodule as mmとすることで、mymoduleモジュールをmmという名前で使用することができます。

自作モジュールの利用例

自作モジュールを使用する例をいくつか紹介します。

モジュールの関数を呼び出す例

自作モジュール内の関数を呼び出すには、モジュール名と関数名を組み合わせて使用します。

例えば、mymodule.myfunction()とすることで、mymoduleモジュール内のmyfunctionという関数を呼び出すことができます。

モジュールのクラスを利用する例

自作モジュール内のクラスを利用するには、モジュール名とクラス名を組み合わせて使用します。

例えば、mymodule.MyClass()とすることで、mymoduleモジュール内のMyClassというクラスを利用することができます。

モジュールの再読み込み方法

モジュールを再読み込みするには、importlibモジュールのreload関数を使用します。

例えば、import importlibとしてから、importlib.reload(mymodule)とすることで、mymoduleモジュールを再読み込みすることができます。

モジュールの再読み込みは、開発中のプログラムで変更を反映させるために使用されます。

ただし、一部の変更は再読み込みされない場合がありますので、注意が必要です。

目次から探す