【Python】gzip圧縮する方法を詳しく解説

この記事では、Pythonのgzipモジュールを使用して、ファイルやメモリ上のデータを効率的に圧縮する方法を解説します。

また、gzip圧縮の注意点や応用例についても紹介します。

初心者の方でもわかりやすく、具体的なサンプルコードと実行結果の例を交えて解説していきます。

目次から探す

gzip圧縮する方法

gzip圧縮は、データを効率的に圧縮するための手法です。

Pythonでは、gzipモジュールを使用することで簡単にgzip圧縮を行うことができます。

以下では、gzip圧縮の方法について詳しく解説します。

gzipモジュールのインポート

gzipモジュールを使用するためには、まずモジュールをインポートする必要があります。

以下のコードを使用して、gzipモジュールをインポートします。

import gzip

ファイルのgzip圧縮

ファイルをgzip圧縮するには、gzip.open()関数を使用します。

以下のコードは、sample.txtというテキストファイルをgzip圧縮する例です。

import gzip
with open('sample.txt', 'rb') as f_in:
    with gzip.open('sample.txt.gz', 'wb') as f_out:
        f_out.writelines(f_in)

このコードでは、open()関数で元のテキストファイルを読み込み、gzip.open()関数でgzip圧縮したファイルを書き込みます。

ファイルの拡張子には.gzが付きます。

ファイルのgzip解凍

gzip圧縮されたファイルを解凍するには、gzip.open()関数を使用します。

以下のコードは、sample.txt.gzというgzip圧縮されたファイルを解凍する例です。

import gzip
with gzip.open('sample.txt.gz', 'rb') as f_in:
    with open('sample.txt', 'wb') as f_out:
        f_out.writelines(f_in)

このコードでは、gzip.open()関数でgzip圧縮されたファイルを読み込み、open()関数で解凍後のファイルを書き込みます。

メモリ上でのgzip圧縮(ファイル化しない方法)

ファイルではなく、メモリ上のデータをgzip圧縮することもできます。

gzip.compress()関数を使用することで、メモリ上のデータをgzip圧縮することができます。

以下のコードは、文字列をgzip圧縮する例です。

import gzip
data = b'Hello, World!'
compressed_data = gzip.compress(data)
print(compressed_data)

このコードでは、gzip.compress()関数を使用してdataという文字列をgzip圧縮し、compressed_dataという変数に格納しています。

メモリ上でのgzip解凍

メモリ上にあるgzip圧縮されたデータを解凍するには、gzip.decompress()関数を使用します。

以下のコードは、gzip圧縮されたデータを解凍する例です。

import gzip
# "Hello. World!"をgzip圧縮したバイナリデータ
data = gzip.decompress(b'\x1f\x8b\x08\x00\xed\xc2Le\x02\xff\xf3H\xcd\xc9\xc9\xd7Q\x08\xcf/\xcaIQ\x04\x00\xd0\xc3J\xec\r\x00\x00\x00')
print(data)

このコードでは、gzip.decompress()関数を使用してcompressed_dataというgzip圧縮されたデータを解凍し、dataという変数に格納しています。

以上が、Pythonでgzip圧縮を行う方法です。

gzip圧縮は、データの効率的な圧縮と解凍を実現するために広く使用されています。

是非、Pythonのgzipモジュールを活用して、データの圧縮・解凍を行ってみてください。

1 2
目次から探す