【Python】XMLの親要素を取得する方法

この記事では、Pythonを使ってXMLをパースする方法について解説します。

具体的には、XMLファイルを読み込む方法、要素を取得する方法、そして親要素を取得する方法について説明します。

目次から探す

XMLをパースする方法

はじめに、PythonでXMLをパースする方法について解説します。

XMLはデータを階層的に構造化するためのフォーマットであり、多くの場面で使用されています。

PythonにはXMLをパースするためのライブラリがいくつかありますが、ここでは標準ライブラリのxml.etree.ElementTreeを使用します。

XMLファイルを読み込む

まずはXMLファイルを読み込む方法について説明します。

Pythonでは、xml.etree.ElementTreeモジュールのparse関数を使用してXMLファイルをパースすることができます。

以下のコードは、example.xmlという名前のXMLファイルを読み込む例です。

import xml.etree.ElementTree as ET

tree = ET.parse('example.xml')
root = tree.getroot()

要素を取得する

次に、XMLファイルから要素を取得する方法について説明します。

要素を取得するには、Elementオブジェクトのfindメソッドやfindallメソッドを使用します。

以下のコードは、root要素からchild要素を取得する例です。

child = root.find('child')

また、findallメソッドを使用すると、指定した要素名に一致するすべての要素を取得することができます。

children = root.findall('child')

親要素を取得する方法

最後に、XMLの親要素を取得する方法について説明します。

親要素を取得するには、Elementオブジェクトのgetparentメソッドを使用します。

以下のコードは、child要素の親要素を取得する例です。

parent = child.getparent()

これが、PythonでXMLの親要素を取得する方法です。

目次から探す