【Python】円周率(π)を使って計算する方法

この記事では、Pythonを使って円周率(π)の値を取得する方法と、円周率を使った計算方法を紹介します。

円の面積や円周の長さ、さらに三角形の面積を計算する際に円周率をどのように活用するかを学ぶことができます。

目次から探す

円周率(π)の値を取得する方法

Pythonの標準モジュールを使用する方法

Pythonでは、円周率(π)の値を取得するためにmathモジュールを使用します。

mathモジュールには、円周率を含む数学関数が定義されています。

以下は、mathモジュールを使って円周率を取得するサンプルコードです。

import math

pi_value = math.pi
print("円周率(π)の値は:", pi_value)

上記のコードでは、math.piを使って円周率の値を取得し、それを変数pi_valueに代入しています。

その後、print関数を使って円周率の値を表示しています。

自分で円周率(π)の値を定義する方法

もしPythonの標準モジュールを使用せずに、自分で円周率(π)の値を定義したい場合は、以下のように定数として円周率の値を設定することができます。

pi_value = 3.14159
print("自分で定義した円周率(π)の値は:", pi_value)

上記のコードでは、pi_valueという変数に自分で定義した円周率の値を代入し、それを表示しています。

これらの方法を使うことで、円周率(π)の値を取得したり、自分で定義したりすることができます。

円周率(π)を使った計算

円の面積を計算する方法

円の面積を計算する際には、円周率(π)を使用します。

円の半径をrとすると、円の面積Sは以下の数式で求めることができます。

Pythonを用いて円の面積を計算するサンプルコードは以下の通りです。

import math

def calculate_circle_area(radius):
    area = math.pi * radius**2
    return area

radius = 5
circle_area = calculate_circle_area(radius)
print(f"半径{radius}の円の面積は{circle_area}です。")

円の円周の長さを計算する方法

円の円周の長さを計算する際にも円周率(π)を使用します。

円の半径をrとすると、円の円周の長さCは以下の数式で求めることができます。

Pythonを用いて円の円周の長さを計算するサンプルコードは以下の通りです。

import math

def calculate_circle_circumference(radius):
    circumference = 2 * math.pi * radius
    return circumference

radius = 5
circumference = calculate_circle_circumference(radius)
print(f"半径{radius}の円の円周の長さは{circumference}です。")

三角形の面積を計算する方法

円周率(π)は三角形の面積を計算する際にも使用されます。

三角形の底辺をb、高さをhとすると、三角形の面積Aは以下の数式で求めることができます。

Pythonを用いて三角形の面積を計算するサンプルコードは以下の通りです。

def calculate_triangle_area(base, height):
    area = 0.5 * base * height
    return area

base = 6
height = 4
triangle_area = calculate_triangle_area(base, height)
print(f"底辺{base}、高さ{height}の三角形の面積は{triangle_area}です。")
目次から探す