PyInstallerでexe化する方法

Pythonプログラムを一般に公開する場合、ソースコードのまま公開することはありません。

ソースコードのまま公開しても実行することはできますが、Pythonをインストールされている環境でないと実行できないため、あまり推奨されていません。

そのときに役立つのがexeファイル化できるPyInstaller。

この記事では、初心者向けにpyinstallerを使ってプログラムをexe化する方法について解説していきます。

目次から探す

pyinstallerのインストール方法

pyinstallerはPythonのパッケージであり、Pythonスクリプトを実行可能な単一の実行ファイルに変換することができます。

pyinstallerをインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. コマンドプロンプトまたはターミナルを開きます。
  2. pipコマンドを使用してpyinstallerをインストールします。

以下のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

pip install pyinstaller
  1. インストールが完了すると、pyinstallerが正しくインストールされたかどうかを確認するために、以下のコマンドを入力してEnterキーを押してください。
pyinstaller --version

バージョン番号が表示されれば、pyinstallerのインストールが成功しています。

pyinstallerをインストールする前に、Pythonが正しくインストールされていることを確認してください。

また、pipコマンドが使用できるように設定されていることも確認してください。

pyinstallerの基本的な使い方

pyinstallerは、Pythonプログラムを実行可能な単一の実行ファイルに変換するためのツールです。

ここでは、pyinstallerの基本的な使い方について説明します。

コマンドラインでexe化してみる

まずは、コマンドラインを使用してPythonプログラムをexeファイルに変換してみましょう。

以下の手順に従ってください。

  1. コマンドプロンプトまたはターミナルを開きます。
  2. pyinstallerコマンドを使用して、Pythonプログラムをexeファイルに変換します。

以下のコマンドを実行してください。

pyinstaller your_script.py

your_script.py の部分は、変換したいPythonプログラムのファイル名に置き換えてください。

  1. pyinstallerは、指定したPythonプログラムを解析し、必要なファイルを収集して実行可能なexeファイルを生成します。

変換が完了すると、distというディレクトリが作成され、その中にexeファイルが格納されます。

オプションの指定方法

pyinstallerでは、さまざまなオプションを指定することで、exeファイルの動作やビルドの方法をカスタマイズすることができます。

以下にいくつかの一般的なオプションを紹介します。

  • -Fオプション: 単一の実行ファイルを生成します。
  • -wオプション: コンソールウィンドウを表示せずに実行ファイルを生成します。
  • -iオプション: アイコンファイルを指定します。

これらのオプションは、pyinstallerコマンドの後に指定することができます。

例えば、以下のように使用します。

pyinstaller -F -w -i icon.ico your_script.py

パッケージ化されたファイルの実行方法

exeファイルが生成されたら、それを実行してみましょう。

通常の実行ファイルと同様に、ダブルクリックするだけで実行することができます。

また、コマンドラインから実行する場合は、以下のように実行します。

./your_script.exe

普通のexeファイルなので、エクスプローラーからダブルクリックするだけでも実行できます。

以上がpyinstallerの基本的な使い方についての説明です。

1 2

この記事のページ一覧
  1. 現在のページ
目次から探す